FC2ブログ

記事一覧

ワゴンR AT 3速に変速不良

今日は、ワゴンR4WD(CT21S)が3速に入らないと言う事で入庫しました。

現車を確認してみると1→2速と変速するが、2→3速が入らない状態です。
ATF(オートマOIL)は、基準量ですが、少々汚いです。

ATは、内部にコントロールバルブと言う油圧を制御する部品があり
変速する時にコントロールバルブ内にシフトバルブというバルブを
油圧で作動させて油路を切り替えて変速を行います。
20060207190553.jpg

AT内コントロールバルブ
20060207190744.jpg

コントロールバルブを取外したAT内部


そのシフトバルブを動かす為にソレノイドバルブという(電磁弁)を
電気的に作動させてシフトバルブへ油圧をかけます。
20060207190803.jpg

ソレノイドバルブです

ソレノイドバルブは、AT用CPUが信号を送り制御します。

以上の事から3速のみ入らないと言う原因として考えられるのが、

①ATのCPUがソレノイドバルブをONさせる信号を出さない

②CPUは、信号を送ってるがソレノイドバルブ本体の不良や
 途中の配線が断線している。

③ソレノイドバルブは、ONしているが、Oリング不良により
 油圧がリーク(漏れて)してシフトバルブが押せない

④ソレノイドバルブは、ONしているが、シフトバルブに異物が噛み
 油圧でシフトバルブを押してるが動かない

上記4つの原因が考えられます。

まず、CPUがソレノイド作動信号を送ってるか確認する為にリフトアップし
2-3ソレノイドバルブへの配線にサーキットテスターを繫ぎ
Dレンジで車速を上げて行き12V出るか確認します。
結果は、車速を上げていくと途中で12V出力されOKです。

次は、ソレノイドバルブの点検ですが、コントロールバルブ上部に付いてる為
オイルパンを外しコントロールバルブを外します。
コントロールバルブからソレノイドバルブを外し
強制的に12V掛けてソレノイドが作動するか確認します。
結果は、作動音もしてOK

ソレノイドバルブのOリングは、切れたり変形してないので
油圧リークの可能性は、低いと思います。

残されたのは、コントロールバルブ内の2-3シフトバルブの
引っ掛かり等による作動不良です。
分解した感じでは、途中で引っ掛かるような感じでは、ありませんでしたが、
ちょっとした異物が原因になる場合が多いので取りあえず全て分解洗浄し
その後綺麗に組み付けます。
コントロールバルブ内には、小さなボール等細かい部品も多い為
分解組み付けは、注意が必要です。
ちなみにメーカーでは、コントロールバルブは、分解するなと言われてます。
でも分解します(笑)
20060207190632.jpg

20060207190653.jpg

分解したコントロールバルブ 内部は、迷路のような油路があり途中に
小さなボールが入っています。



洗浄後にゴミ等異物が入らないように注意して組み付けました。
オイルパンにシール剤を塗布し組み付けATFを入れて早速テストしました。

結果は、もちろんOKで1→2→3と変速しました!

普通の車屋さんでは、ここまでしないお店が多いのが現状です。
そのまま、ディーラーへ持っていって修理してもらったり
ひどいお店では、技術力や知識が低い為、ご診断でAT交換したり
何も調べないでコントロールバルブを交換して運よく直った等で修理費用が高くついてる場合もあると思います。







スポンサーサイト



コメント

同じ症状で

こんにちわ。
いろいろ調べているうちに、ココにたどり着きました。
僕は、CT51Sの4速オートマを所有していますが
3速から、4速に入らないと現象にぶち当たりました。

冷えているときは、4速に入ります。
で、いろいろと、電気系を試して問題なかったため
バルブボディーの分解清掃をしました。

案の定、ガスケットの破片が油路に異物として
居座ってました。
まだ組みつけてないので、なんともいえませんが。
ガスケットの入手先がまったくないんです。・・・

こういう場合、もうあて上げですか?

【私も同じです。】

私も同じ症状です。2速から3速に入りません。。
ディーラーや地元整備工場に聞きましたがいずれも
交換で15万と言われました。御HPのように
できればいいなあと思います。でも簡単ではなさそう
です。私も金沢でしたら御社にすぐに持って行けますが
北海道で行くこともできません。。残念です。
まだ車検も残ってるのに。。
やはり中古車を探すしかないのでしょうか。。。

こんにちは、普通は確実に直す事と時間を考えて
修理工場等では分解修理する所はほとんど無いと思います。
不具合が改善されれば良いですがダメな場合もあると思いますので
その場合お客さんにその分の費用を頂けるかの問題もありますね。
ちょっと難しい話になりますが
シフトバルブと言うスライドする物が磨耗や段つき等で
渋って動きが悪い場合は交換しないと直りません。
後そのバルブを動かす為に油路の切り替えを電磁バルブで行ってますが
電気的に故障していたりその電磁バルブがダメな場合もありますので確実な判断が必要です。

結局は短時間で楽に修理し利益も出すといったお店が多いです。
もちろん技術的な問題もあると思います。
私はAT本体のオーバーホールや内部部品交換等もした事がありますが
多くの修理工場ではほとんど分解修理しないと思いますよ。

年式走行等わからないのではっきり言えませんが
15万もかかるなら車を換える方が良いかも知れませんね。
自賠責保険は解約すれば月割りで戻ってきますし
車両本体は今は鉄が高いので解体屋さん等で2~3万で取ってくれます。
中古車購入もアフター等しっかり丁寧に対応してくれるお店で購入した方が良いですよ。

CT21Sで同じ症状で困ってました
こちらのブログを参考に清掃しました
助かりました 有難うございます

この頃のスズキ車ATに多いトラブルのようですね。
シフトバルブの引っかかりの場合一旦改善しても
再発する可能性もあるようです。

質問失礼します。
当方、3速ATなのですが、2-3のシフトが入りません。
2-3ソレノイドの点検〜と記述がありますか、リフトアップし点検する場合、どこにソレノイドの配線が来ているのでしょうか?
その部分を詳しくおしえていただけますか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラショウ

  • Author:ラショウ
  • 金沢で小さな車屋しています。
    チューニング 修理 板金塗装
    中古車販売 買取り等
    何でも気軽にご相談ください。
    ロードスター得意です!












    FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム