Garage TSR
愛車のチューニングや自動車整備に関する内容を紹介していきます。

プロフィール ×

ラショウ

  • Author:ラショウ
  • 金沢で小さな車屋しています。
    チューニング 修理 板金塗装
    中古車販売 買取り等
    何でも気軽にご相談ください。
    ロードスター得意です!


    FC2ブログ










    FC2 Blog Ranking


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


クラッチ
【2006/06/02 19:34】 トラック整備
先日またまた、大型トラックのミッションを降ろしました。
今回のミッションは、古いタイプなので小さく簡単に降ろせました。
高速で煙が上がりクラッチが滑っていました。
概観を確認するとオイルが噴いた後がありオイルがクラッチ板へ付着して滑ったようです。
初めは、エンジンオイルがリヤシールから大量に漏れた物と思ってましたが、
フライホイールを外しシールを見た所オイル漏れの量の割りには、
シールからそれ程漏れたような形跡がありません。
リヤシールの場合フライホイールが有るのでクラッチディスクにオイルが付着しにくいです。
(大量に漏れて回転で撒き散った場合は、別ですが)
ミッション側の漏れたオイルは、ディーゼルオイルにしては、まだ綺麗で
匂いもギヤオイルっぽい匂いがしていました。

いろいろ調べた結果ミッションのベアリングにガタが出て
シャフトが芯振れしオイルーシールが破損しギヤオイルが大量に漏れ出たようです。
mt0001.jpg

左に写ってるシャフトのベアリングがガタガタでした
mt10002.jpg

取り外したクラッチカバー フライホイール(洗浄後)
mt20003.jpg

一般的に乗用車の場合ダイヤフラムスプリング式クラッチカバーですが
トラックの場合コイルスプリング式のカバーもあります。
一般の方は、余り見る事が無いと思います。

スポンサーサイト


テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://garagetsr.blog12.fc2.com/tb.php/136-b6e7266d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB