R53 MINI エアコン修理 

R53 MINIのエアコン修理です。
エアコンスイッチONでコンプレッサーが入らない為冷えない症状です。
ガス漏れだろうと簡単に考えてましたが原因は違ってました。
エアコンスイッチONでA/Cリレー作動しておりコンプレッサーの
マグネットクラッチ入力コネクターまで電圧が掛かっているので
マグネットクラッチのコイル断線?又はアース不良等が原因のようです。

この車コンプレッサーの取り付け位置が狭く点検するのも一苦労です。
原因をはっきりさせる為にアースを確認しマグネットクラッチ取り外しです。
201510274.jpg
抵抗測定した所やはりコイルが断線してるようです
何とか直せないかと分解出来る所やカバーを分解してみると
コイル先端どうしがダイオードや抵抗で結線されてたので点検
ダイオードOK 抵抗?がパンクしてるのかNG
201510276.jpg 201510275.jpg
どのような抵抗か小さな文字が見えないので読んでもらうと
1Aと表記が有りどうもヒューズのようです。
こんなヒューズ見た事もないしこんな場所に付いてても交換も出来ません。
とりあえずショートさせて通電させるとちゃんと磁石になり問題なさそうなので組付けた所OKでした。
201510273.jpg 201510272.jpg 201510271.jpg
国産車ではマグネットクラッチの部品設定ありますが
MINIには設定が無く通常今回のような不具合ではコンプレッサーAssy交換になるようです。
当然費用は大きく安価なリビルト品でも部品代で4万~5万位するようですね。
スポンサーサイト

販売車両のメンテナンス 

Facebookを利用のお客様はご存知かと思いますが
当店の従業員加納がGarage TSRのページを作り頑張って
いろんな出来事をアップしてくれていますので宜しくお願いします!
こちらのブログの方も頑張ってアップしたのですがなかなか出来ず終いのままです^^;
加納も毎日頑張ってくれてる事もあり新しい体制になってからも
お陰様で毎日何かとお仕事を頂き本当に皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
201510251.jpg
今日は東京からNBロードスターを見にご来店頂きいろいろお客様と
お話しさせて頂きそのままご成約頂きました。
このロードスター最初ノーマルで販売してましたが当店の好みで少しカスタムして
ナンバー取得しエアコンの不具合修理ラジエターやタイヤ他を
交換し販売した所問い合わせも多く頂き今回の成約となりました。
古い車や走行キロの多い車だけではありませんが特にそのような車の
販売は点検修理の差や技術の見せ所と私は思ってます。
どうしても新しい車と比較した場合不具合が出る可能性は高いですが
メンテナンスする事で防げるトラブルも非常に多い物です。
販売車両の整備状態には自信がありますよ(^^)v