今年1年ありがとうございました! 

本当は28日から休む予定でしたが結局今日まで仕事していました。
まだまだ片付けないといけない事があるのですが・・・

幌交換の依頼を受け張替えていつでも組める状態でしたが
お客様の部品持ち込みの都合で保留状態で本日ようやく組む事ができました。
今年は後車を1台引取りラジエター交換して掃除をして終了です。
201212291.jpg 201212292.jpg

今年もおかげ様で何かと忙しい日が続き一年を終える事ができ
これも皆様から仕事を頂いたり紹介して頂いたりと感謝の気持ちで一杯です。
今年1年本当にありがとうございました。
来年も今年以上に頑張りたいと思いますので応援宜しくお願いします。
スポンサーサイト

10系アルファード前期⇒後期フェイスに 

タイミングベルトを交換していたアルファードは前期ですが
フロントバンパーが割れており交換が必要な為
以前交換した後期バンパーが余っていたので後期フェイスにする事にした。

フロントバンパーは現車はクリアランスソナー付きで
持っている後期バンパーはソナーなし
センサーを取り付ける為穴開け加工が必要

移植には、バンパーの他フォグランプ ホースメント ヘッドライト 
グリル等も必要で思った以上に費用は掛かります。
中古部品で何とか必要な物が揃ったので早速作業に

まずは、ヘッドライトのバラスト バーナー レベリングモーター等を付け替え
201212284.jpg 201212285.jpg
何でも無い作業と思うでしょうがレベリングモーターの付替えは大変です。
丸いポッチがハマってるだけですが抜くのは簡単ですが入れるが大変
何も考えずにリフレクターを押さえて押し込もうと思ってもまず無理
私も考えた結果自作工具?を利用して作業しました。
写真のようにバッテリー等のフックの固定金具と厚めの汎用ステーを使って
レベリングモーターをまず取付けてしまいフック部をリフレクターの穴に
引っ掛けてナット締め込んで引き上げて完了!
今後作業する事がありましたら是非活用してください。
201212282.jpg 201212283.jpg

ポジションランプのソケットも前期と後期で違う為新品を手配して取付け
当然ソケットコネクターも違いますがコネクターも部品が出ますので
純正のように装着する事も可能 ソケット位置が違う為
配線が届かないので延長する必要があります。

ウィンカーソケットは共通で位置が違いますがそのままでも届きます。
後期はサイドとフロント部ウィンカーが共通ですが
前期はサイドとフロントで違いますので後期にした場合
サイドウィンカーコネクターが余ります。

配線関係ではフォグランプもH3⇒HB4の為加工が必要
私は前期のフォグ配線と部品取り用の社外HB用HIDの
コネクター配線を切断後結線しそのままコネクターで取付け出来るようにしました。
201212281.jpg

後はリーンホースメントを付け替えてヘッドライト グリルを取付け
バンパーを装着し完成です。
フロントカメラが付いていたので後期グリルを切断加工してカメラを取付けました。
個人的にはVグリルが好きなのですが今回はGグリルです。
201212286.jpg 201212287.jpg

アルファード タイミングベルト O2センサー 

ミニキャブのその後ですがO2センサーを交換して改善しました。
故障コードが出てれば交換で終わってたのですが
故障コードが出ないであの症状は個人的には難しい修理でした・・・
いい勉強になったと思います。

今日はアルファード3.0V6の修理で
タイミングベルト ウォーターポンプ O2センサー交換です。
それ程困難では無いと思ってましたが作業し始めるといろいろと大変でした。

アルミ部分のタイミングカバー部が2本長いスタッドボルトになっており
スライドさせてもフレーム部分と干渉して外せません
ダブルナットでスタッドを外そうとしても固くて緩まないので
結局エンジンマウントを切り離して上へ持ち上げた状態で外しました。
ウォーターポンプ本体も同じでそのままでは取り外せません。

ウォーターポンプを交換する為カムプーリーの奥のカバーを外す必要があり
カムプーリーのロックボルトの締め付けが異常に硬くて苦労しました。
1度作業したら次はスムーズに出来ると思いますが
初めて作業する車は、いろいろと苦労しますね。

O2センサーは、狭い隙間から手を入れて
コネクターを片手で外し何とか交換しました。
4WD車ですが2WDだともう少し楽かも?
201212201.jpg


ミニキャブその後 

ミニキャブのその後です。

燃料ポンプやフィルターの詰まり等なのかはっきりさせる為
燃圧計を繋ぎ走行テストした所症状が発生している時でも
燃圧が下がる事もない為燃料供給自体は問題なさそうです。

今度は点火系か燃料系かはっきりさせる為A/F計を付けて
走行テストした所症状が出なくなった。(純正O2センサー外した状態)
まだ本当に症状が出なくなったのか偶然なのかわかりませんが
この結果と今までの症状を考えるとO2センサーが原因の可能性が高いです。

ハーフスロットルのような余りアクセルを開けてない時に
症状が出て踏み込むと改善する事を考えると
ちょうどフィードバック領域(O2センサーの信号が活かされる領域)のマップ
を読んでる時に症状が発生しアクセルを踏み込み
フィードバック領域を外れると症状が改善しているようです。
症状が出てる時は恐らくリッチと判断されリーン状態になるようです。

通常O2センサーに不具合がある場合故障コード出る事がほとんどです
今回はどれだけテストしても故障コードは出力されてませんでしたが
O2センサーの不具合に間違えなさそうです。
もう少し走行テストして症状が出ないようならO2センサーを交換してみます。
オシロ等簡易的な物でもあれば信号の波形を見れば確実なのですが・・・
201212131.jpg 201212132.jpg 201212133.jpg

U62T ミニキャブ 加速不良 アイドルちょっと不調 難・・・ 

タイヤ交換ようやく落ち着きました。

H18年式 U62Tミニキャブの修理です。
現在まだ入庫中で原因がつかめず難関な為
今後の参考にと思い記しています。
症状は加速時スピードが出ない(時がある)
アイドル時少しだけエンジン不調と快調の繰り返し
スピードが出ないと言うか燃料が薄く吹け上がって行かないような感じ(バックファイヤ無し)
突然普通に吹け上がり加速していく感じです。

アイドルは少しボトツキしばらくすると調子良くなるの繰り返し

バランステストでは特定シリンダーでは無さそうです。
プラグを点検すると消耗が激しくIGコイルも何か焼けたような後があるので
加速時の要求電圧が高い時にリークしている可能性もあるので取り合えずプラグ&コイルは交換

走行テスト結果 ✖NG

乗った感じでは今ままでの経験上
①燃料が薄い
②点火タイミングが遅すぎるのどちらかだと思う。

燃料が薄い⇒燃料フィルター等詰まり?
もしそうだとしたら加速途中より全開走行の時の方が燃料が必要な為
急に吹け上がっていく事は考えにくいので原因の可能性は低い
EGRもこの車には装着無し

圧力センサー信号値の不良で燃料噴射量が少なくなってる可能性は結構高い!
センサーのコネクターを外すとアイドル不調は改善し
走行しても以外と普通に走れて症状は出ないので尚可能性は高い!

点火時期が遅すぎる⇒クランクセンサー不良 ECU不良
症状が突然変化する事から余り考えにくい

この事から圧力センサーと推測しお客さんに了解を得て勝負で交換
走行テスト結果 ✖NG ???

この時点でもう何が何だかわからなくなってきました・・・・

一体何がどう悪さしてるのでしょう? 

つづく







タイミングチェーン車 

今週は天気が悪くタイヤ交換が多く大変でした。
今年は皆さんタイヤ交換時期も早くスタッドレスタイヤの販売数も
例年より非常に多く大雪になりそうな感じがします。
当店は狭いので1台リフトで時間がかかる仕事が入ると
タイヤ交換は外でジャッキで作業になるので大変でした。

現在リフトを占領しているのは180で車検です。
NAロードスターと似たような年式でH6年の為
いろいろと今までにも修理していますが今回は水漏れです。
サブタンクの水の量が少なかったのでテスターで加圧すると
ウォーターポンプから少しずつですが漏れてきます。
タイミングベルト式エンジンなら10万km毎にベルトを交換するので
同時にウォーターポンプも交換している車が多く
ウォーターポンプの不具合も余り見ませんが
タイミングチェーンエンジンの場合予防的にウォーターポンプを変える人は
ほとんど居ませんのでトラブルも比較すると多いですね。
201212082.jpg 201212081.jpg