AE111 タイミングベルト&ウォーターポンプ交換 

成約して頂いたAE111レビンの整備です。

98000kmでタイミングベルト未交換の為交換
コストを抑えたい所ですがウォーターポンプも交換
ベルトカバーを外すとオイル漏れがあり
オイルシール ヘッドカバーパッキンも交換
それ程苦労しないで作業は完了しましたが
ウォーターポンプを外す時にスタッドボルトが長く
写真のように外さないとエンジンルームから取り外せないのと
ポンプ後ろのホースを外すのが少し面倒かな?
201009301.jpg 201009302.jpg
このホース真ん中が膨れていたので破裂しそうな状態?と思い
交換しましたが外した部品を見てみると
どうも最初からこのような形をしているみたいです。
ただ新品で取り寄せた部品は端から端まで同じ太さでした?
201009303.jpg
スポンサーサイト

NB2 走行中エンスト 再始動不可他 

将来的に部品取り車にしようとNB2を1台仕入れました。
走行125000km車検も1年以上残ってるので取り合えず有効に活用したいと思います。
エアコンが効かない状態だったので点検すると
ガスが少なくコンプレッサーが入らない状態
見た感じコンデンサーからのパイプOリングのようですが
取り合えずガスを入れて冷えるか確認する為にガスを充填
高圧からONする前に入れた分でコンプレッサーはONするのですが
低圧がガンガン上がってガスが入りません。
どうもコンプレッサー不良のようです。

在庫していた中古のコンプレッサーに交換と
パイプのOリングを交換した所OK 漏れも無く良く冷えます。

エアコンも直ったので試乗し駐車場に止めて
次の日にエンジンを掛けようとすると掛かりません・・・
点検するとポンプは動いてるようで火が飛ばないか
インジェクターが4本共作動してないようで
点検中に掛かるようになった為詳しく調べる事ができませんでした。
自己診断の故障コード無し

ポンプOKで点火又はインジェクターNGから考えると
カムセンサーかクランクセンサー(故障時のフェイルセーフが燃料噴射停止)
調べた感じでは異常無さそうですが原因を絞る為にカムセンサーを交換

数日間調子よく全く症状が出ないので
カムセンサーが原因で改善されたと思ってました。
所が昨日走行中いきなりエンスト
ストールの仕方から考えるとやはり点火カットか燃料カット
しばらくすると何事も無かったかのように直ります。

カムセンサーは交換済みなのでクランクセンサーと思われます。
昨日は雨が降っていてアンダーカバーを外してあるので
もしかするとと思いセンサー付近に水をかけた瞬間ストール
間違えありませんね。

早速取り外してみると写真のような状態
センサー取り付けのギャップ調整不良により
突起部がセンサーと干渉し損傷し良く見ると小さな穴が出来てます。

恐らく何処かでタイミングベルト交換時にセンサーを取り外したか
作業中に干渉しずれてしまったと思われます。
201009241.jpg

オートバイ 車検 

オートバイの車検を依頼され引き受けたのですが苦戦しています。
ヘッドライトをテスターで点検したところ光量不足
うちのテスターは古くてボロですが以外に正確なので
このまま検査を受けても絶対NGです。
バイクはGSX600で同一レンズ内の縦2灯式でハイ ロー共点けた状態でも10000cd位
バッテリーがダメなのかと思いバッテリーを他の物に交換してもNG
ヘッドライトバルブを交換してもNG?

いろいろ試してるうちにバッテリーまで上がってしまったので
お客さんに話すとバッテリーは最近新品を付けたと言う回答

これでピン!ときました。
発電不良でバッテリーからの電流のみが流れる為
電流&電圧が不足し光量不足になると思われます。
電流計で充電電流を測定すると
マイナス(バッテリーが電流を流してる)で電気負荷をかけると
更にマイナス値が大きく全く充電されてない状態です。
電圧も始動前で約12V 始動後も約12Vで全く変化なし

念の為となりのバイク屋さんに相談してみると
やはりその可能性が高いようです。
たまたま隣が腕利きのバイク屋さんなので本当に助かります。
やはりいざと言う時に相談できるプロフェッショナル居ると心強い物です。
専門外なのでもちろん余り複雑な事やわからない物はお願いします。

車のようにレギュレータ一体型オルタネーターではありませんが
可能性としてはレギュレーター不良と思われます。

以外に手の届く見える所に付いてるので簡単に
外れるかと思いましたが結局カプラーを外すのにタンクや
エアクリーナーBOXを取り外さないと外れませんでした。

取り合えず充電不良を修理してから再度点検予定です。
201009161.jpg 201009162.jpg 201009163.jpg


JA22W エアコン修理 

JA22ジムニーのエアコン修理
ガス漏れでコンプレッサーが入りません。

見た感じレシーバの上部が漏れてるような感じだったので
Oリングを取り替えて真空引きして点検しましたがNG
目視でわかるような漏れ跡は無いので
エンジンルーム側の配管Oリングを全て交換し
同じように点検しましたがNG
仕方が無いので室内ユニットへのパイプを切り離し
適当な物で栓をして点検するとOK
やはりエバポレータかエキパン Oリングが原因のようです。

結局エバポレータが漏れてました
ユニットはやっぱりダッシュを外さないと取れませんでした
ジムニーは何をするにもダッシュ脱着が必要ですね。
以前メーターケーブル ブロアモーター ワイパーモーターを
交換した時もダッシュを取り外さないと交換できませんでしたね。
201009131.jpg



エンジンハーネス加工 

以前取り外したメインハーネスの加工です。

こちらもNAとNBの配線図を見比べていろいろと加工が必要
前に作業した時にオリジナルの虎の巻きを作っておいたので
実際には余り考えずに確認作業みたいな感じです。

前回は部品取りNB車両があったので相手側コネクターも
車両から切断して使えましたが
今回は車両が無いので残念ながら相手側コネクターが無かったのですが
下で書いたNBダッシュに交換する為に購入した中古NBダッシュの
ダッシュハーネスの余った部分に必要とするコネクターと似た形のコネクターを発見!
仮に合わせてみると全く同じ形状で使えます。
ただ雄端子の数が少なく端子が足りないので端子を取り寄せて使いました。
前回同様に不要な配線を取り除きハーネスは完成です。
201009114.jpg 201009115.jpg 201009111.jpg

NB用ダッシュボード 

下に書いた同じロードスターですがダッシュを外したついでに
NB用のダッシュを取り付ける事にしました。

結構NB用を装着してる方も見ますが私は今回が初めての作業です。
NA用とNB用を並べてダッシュハーネスを取り外し
加工が必要な部分をチェックし配線図を見比べて加工

実際にはそれ程面倒な加工は無さそうですが
ブロアモータースイッチ部 エアコンスイッチ部 シガーライター リトラクタブルスイッチ
メーター取り付け部とパワーウインド配線の加工が必要

ブロアスイッチ部はお客さんでNBダッシュに交換されてる方が居るので
聞いた所コネクター形状が同じらしいので
配線図を見て端子の差し替え+1本配線追加でOKでした。
端子は結局全数差し替え
NB用のスイッチを使いましたがNB用はブロアでの負荷信号が無く
コネクター部で1ピン部空き 配線は、NAの為電気負荷信号の線が1本余ります
テスターで点検するとそのコネクター空き部がそのまま電気負荷信号の出力のようなので
最後に余った線は自動的にその場所でOKのようです。
(念の為後日お客さんにどう処理したか聞いてみますが)

リトラクタブルスイッチは、配線延長+リモコンミラースイッチで代用

ハザートスイッチのコネクター形状も同じなので端子差し替え

シガーライターは配線が短いので延長

後はメーター干渉部の加工とパワーウインドーの配線加工
フットランプを使う場合は穴開け加工でOKだと思います。

実際に装着するのはまだまだ先になる予定ですが
すぐに組み付けできるようにして保管です。
201009022.jpg 201009021.jpg