エアコン修理 

毎日暑い日が続きますが、ここはかなり暑く
長時間工場にいる事が出来ないです。
扇風機回してますが熱風で涼しくありません。
スポットクーラーが欲しい!

今日は軽の車検とロードスターのエアコン修理です。
ミニキャブの車検ですがタイミングベルト交換もあります。
エンジンはシートの下なのでシフトレバー等センター部を外しての作業です。
思ってたより作業性は良く短時間で交換できました。
200807242.jpg
ロードスターはコンプレッサーはONしてガスも入ってますが
全く冷えず熱風が出て来る症状です。
実は先日コンプレッサー交換等の修理をした車です。
2~3日大丈夫でしたがその後全くダメ
ゲージを繋いで見てみるとコンプレッサーONで
高圧は高くなり低圧が0以下まで下がる状態で
エキスパンションバルブの詰まりのようです。

この車両は中古車で購入時からA/Cが故障しており
NA6ですがNA8用を後から加工装着しています。
(恐らく中古だと思います)
修理直後冷えて2~3日後に詰まりで効かない状態なので
もしかするとパイプ等の配管内がさび等ある可能性が高いです。
エキパンを交換してもまた同じように詰まる可能性があります。
一応お客さんには説明して今回はエキパンを交換します。

配管等のさびはガス充填前の真空引きが不十分だったり
充填作業が悪かったりした場合何年後かにこう言う故障になる場合が多いです。
エアコン取り付け修理等でガス充填作業が必要な場合
真空引きは長めにする事をお勧めします。

エキスパンションバルブですが固着して締付けナットが固くて回り難いので外すのも大変です。
今回も回らずバルブにパイプレンチを掛けてモンキーにパイプを付けてやっと回りました。
200807241.jpg







スポンサーサイト

ロードスター SOLEX 

NAロードスターのSOLEX仕様が入りました。
こちらの方は写真であの車かって思う方も多いと思います。

現在の状態では装備品 オーバーフェンダー等で
車検は厳しいので店頭販売(車検受け渡し)の場合は
GTウィングやカナード ミラー他取り外し
フェンダーはそれ程ワイド化じゃありませんが
最悪の場合全幅変更になる予定です。
色はパールイエローに全塗装しています。

SOLEXキャブもオーバーホール済みで絶好調です。

NAロードスターは古い車で中古車市場はまだまだ多いですが
キャブ仕様での販売は少ないですね。
修復暦無し 実走行保証 ボディー程度上
興味のある方は一度見に来てくださいね。
road31.jpg road101.jpg

ジムニー燃料タンクガード取付け 

下で書いたロードスターのエアコンですが
いろいろ調べた所NA8用のキットを加工して取付けている事がわかりました。
NA6で旧ガスと最初に書いときながらガス点検時新ガスだった事で
気付けば良かったのですが何も思わずそのまま作業していました。
NA8用の中古コンプレッサーを取付けて完了しました。

今回はジムニーで燃料タンクガード取付けです。
メーカー品では無く個人の方のオリジナル品ですが
なかなか制度も良くしっかりした商品でした。
有名ブランド品は価格が倍以上違います。

ガード上部のカバーはバンパーがノーマルで干渉する為取付けしませんでした。

サイドシルプロテクターも製作してるようで
こちらの商品もなかなかいい感じでドレスアップ効果大です。
取付けは両面テープです。

IMGP0073.jpg IMGP0074.jpg IMGP0078.jpg





エアコン修理 

始めたばかりと言う事もあって毎日いろいろな方から電話を頂いたり
お店に顔を出して頂いたりと本当皆さんありがとうございます。
業界では厳しい話ばかりですがこれからも頑張ります。

今回はA/C修理で車はNA6CEなので旧ガスR-12エアコンです。
NAロードスターも古い車なのでエアコンの壊れてる車も多いと思います。
今回は以前他でガスを診てもらったがガスは入ってると言う事でそのまま未修理の車です。
A/CスイッチをONしてもマグネットクラッチもコンデンサーファンも回らない状態です。
ガスは一応確認しましたがOK
A/CスイッチONでISCでエンジン回転が少し上昇するので信号はOKです。
コンプレッサー自体を直接手で回しましたが動きが変でちょっと怪しい感じです。
昨年末中古車で購入されたそうでその時から故障していたそうです。
取り合えずコンプレッサーがONする状態へ修理する事が1番です。

推定される原因
①クラッチ&ファンが作動しないのでエアコンリレーがONしない
②ONする場合リレーの接点不良や接点側のフューズ切れ配線断線

取り合えずエアコンリレーを見ると付いてる場所にリレーがいません?
コネクター6極も見当たりません。
良く見ると配線を切断して加工延長で全く違うリレーを2個使い加工してありました。
何故かエアコンリレーコネクター部&Xコネクター部で切断加工してあります?
オマケにECU内でアース制御していますがECU部までも配線を直接引き込んでありました。
何か不具合があって加工したようですが配線の加工が雑で下手
リレーを2個加工して配線してる位なので全くの素人でも無いようですが配線加工は酷いです。
結局配線加工したリレー接点側電源線のギボシ端子の加工不良と
その延長先同じ配線ですが平端子の圧着不良で1本線が抜けてました。
その他緑テープ部も念の為点検しましたが何時外れて
もおかしくないような状態だったので危ない部分は加工し直しました。

配線修理後エンジン始動しエアコンスイッチをONで
1分程冷えてOKって思ってましたが
突然エンジンより10秒程異音がして全く冷えないようになりました。
マグネットはONしてコンプレッサーも回ってますが
ゲージを繋いでガス圧を見るとON OFFで殆どガス圧変化が余り無く
コンプレッサーが駄目なようでリビルトか中古に交換予定です。
200807121.jpg 200807122.jpg


トラック整備 

輸送会社の整備は辞めましたがトラック整備ネタです。
最初で仕事も少ないので知り合いから車検を頂きました。ありがとうございます。
2年程トラック整備を毎日していたのでトラックは得意分野になってしまいました。
以前の会社のトラックのような過酷な条件で
長距離を走ってるトラックとは違い程度の良いトラックです。

しかし修理が必要になってくる箇所は、やはり同じトラック大体同じです。
マーカーランプとナンバーランプが点灯しません。定番かな?
以前の会社ではマーカー車高灯 箱内ランプ等かなりの数配線修理しましたよ。

今回は積載車で荷台がスライドする為配線の取り回しもちょっと変っています。
マーカーは見た目で切れてる線があり即効修理しましたがNG点きません
積載車で配線が外から見え難い為目視で見つける事は難しい為
(トラックの配線断線不具合は繋ぎ目等の錆び腐食がほとんどで目視で分かる場合が多い)
テスターで電圧を点検するとやはり来ていません。
電源カプラー部は電圧OKで途中で断線してるようです。
何箇所も途中の配線電圧を点検してやっと不具合箇所を見つけました。

原因は、さび腐食ですがちょっと特殊で配線のレアショートか電源線が細い為
長時間点灯で抵抗熱により被覆が溶けて芯線がむき出しになりさび腐食したようです。
ボディーとのショートはしていなかったようでフューズ切れしてませんでしたが
ショートでフューズが切れる場合不具合箇所は更に見つけ難くなります。
200807081.jpg

荷台がスライドする為配線も伸び縮みする必要がある為
フレームからの配線はこのようにキャタピラのようなケースの中を通ってます。

200807083.jpg 200807082.jpg

熱で被覆が溶けてます。



営業開始 

少しずつ準備し始めて土曜日に何とか片付きました。
事務所内もマットが汚かったので全て剥がし交換し
ドアも板張りで閉めると外が見えないので取り外しアクリル板で作り
敷地周りは、雑草が伸び放題だったので半日かけて草刈り(鎌で)しました。
刈った草はゴミ袋で8袋!

看板はロードスターつながりの知り合いの方にお願いしました。
結局、物件→後輩、電話工事→友人 センサーライトやカメラ→友人 看板→知り合い
冷蔵庫→後輩の友人 机他→お客さん 引越し(荷物移動)→お客さん ガス器具→後輩友人 
最初の販売車両準備→後輩 取引先知人 棚や整理箱類→以前の職場知り合い
等多くの方にお世話になりました。ありがとうございました。
いろいろ大変でしたが、やはり人の繋がり(知り合い)は大切だと実感しました。
今日は知り合いに軽を1台購入して頂いたので名義変更して納車準備位でした。
販売在庫車両は無理して仕入れず最初は用意できた物だけで頑張ります。
車の買取りパーツ買取り等もしていますので何か話しがありましたら紹介よろしくお願いします。
200807072.jpg 200807071.jpg

元々倉庫なので地味ですが一人で作業するには十分です。
逆なら最高だったんですが建物前のスペースが少なく後ろが広いです。