キーレスエントリー(外国製 品質最悪) 

今回も外国製品の取付け紹介です。
写真のキーレスエントリーでヤフオクで\3100で落とした物です。
内容はリモコン2個 コントロールユニット モーター4個 ステー 配線一式 配線図で
このキットでモーターが全く付いてないタイプの車でも
4ドアまでキーレスで動かす事ができます。
200801262.jpg 200801263.jpg

装着する車はミニキャブブラボーでこの車は集中ドアロック付きですが
運転席にドアロックモーターが無くロックスイッチのみが付いてます。
運転席ドアロックのみモーターを装着しリモコンで動かせば
後は純正コントロールで連動して動くのでモーターは1個のみ使います。
配線も使わない物が多いので切断して作り直しました。
配線はB電源 アース ウィンカー出力 モーター各線なので簡単です。
モーターはドアに穴を開け直接タッピングで装着しました。

配線も完了し早速作動確認しましたが全く動きません・・・
取付け前に仮配線し確認した時は動いてたんですが?
テスターで電源やフューズ等確認しましたが異常ないので
コントロールユニットを取り外し分解してビックリ!!!

半田が割れてプリント基板にクラック
プリント基板も半田で補修した形跡多数
チップの足がソケットに刺さってなく折れ曲がってる(足はソケットに一応接触していた)
差込ソケットケースも破損
半田作業自体雑で素人作業
これだけひどい品質の製品を見たのは初めてです。
製造国は記載ありませんでしたが英文と中国語のような
漢字が記載されてたので中国製と思われます。
200801265.jpg 200801261.jpg 200801264.jpg

購入価格も安くクレームを入れて代品もらった所でこのような品質じゃ
何回代品もらっても同じなので諦めてこちらで
割れた部分と怪しい補修箇所を半田し直し基盤も切れた所は配線を半田付けし
チップも足を伸ばし付け直して組み付けて作動するようになりました。

やはり安い商品はそれなりの品質のようです。
この商品は安くてもお勧めできませんね。
スポンサーサイト

DVDプレーヤー(国外品) 

代車兼自家用車に純正カセットを取り外しDVDプレーヤーを装着しました。
初めはCDが聞ければOKと思ってたんですが
最近輸入品のDVDプレーヤーが安く出てるので試しに購入してみました。
購入価格は\20,000程ですがこの1台でTV DVD CD ラジオ MP3 USB SDカード等が使えるので驚きです。
いろんなメーカーが機種を出してますが余り見かけない
ちょっとレトロっぽいデザインの物を選びました。

取り扱い説明書は英語なので私にはさっぱりわかりません?
取付け自体はスピーカー出力線のギボシ端子が+も-も♂端子で片方加工したくらいで問題ありませんでしたが
本体が国産の物より少し長い為取り付けると同じように少し出っ張ります。
装着後さっそく電源を入れて作動確認しましたが
日本語表示が無いのでモニターに出てくる文字が訳のわからん文字で最初苦労しました。
英語表示にする事で何となく理解できTVもやっと周波数を合わす事ができました。
TVアンテナはダイバーシティが一つ付属していました。
後でフィルムアンテナにする予定ですが付属アンテナを室内に置いて
作動確認しましたが写真のように普通に写りました。
輸入品の多くは日本の周波数に対応してない物も多いそうですがこの機種は問題なく使えました。
国内品でこれだけの機能が付いた機種を購入すると結構高額ですが
普通に使えてこの機能&価格は驚きです。
保証も無く耐久性はわかりませんがこの価格なら良いかも?
200801194.jpg 200801193.jpg 200801192.jpg



ヘッドガスケット交換 

昨夜から少し雪が降り積もり今朝は路面も凍りやっと冬らしくなった気がします。
今回もトラックネタです。
冷却水が減ると言う事で以前から何回か入庫している車です。
以前の点検で外部への漏れは確認できなかったので
エアーコンプレッサーのヘッドガスケットを交換しましたが
やはり同じように水が減るようです。
サブタンクが空になるのが普通ですが
この車はサブタンクが一杯で溢れていて
メインタンク(乗用車で言うとラジエター)の水が減っていました。
恐らくヘッドガスケットの吹き抜けで燃焼圧力が水路へ伝わり
吹き返して冷却水がサブタンクから溢れるようです。
ラジエターキャップを空けて目視確認できるような
レベルでは無いので判断は難しいです。

早速シリンダーヘッド取り外し作業に掛かりました。
今日は暇で他に大きな仕事も無いので半日でヘッドが降りました。
ガスケットを外した跡を見ると5番6番間が何となく錆びてるので
ここが原因?と思われます。
因みにこの車も走行で100万kmオーバー
大型トラックなのでエンジンが回ってる今までのトータル時間は半端じゃありません。
オイル管理が良いので写真でもわかるように部品はとても綺麗です。

シリンダーヘッドの歪を点検し歪がある場合
ディーラではシリンダーヘッドを新品に交換する事が多いようですが
勿体無いので水圧テスト後異常無い場合面研し組み付けます。
以前は大型ディーゼルエンジンと言えばOHVが普通でしたが
今時のエンジンはOHCでしかも1気筒4バルブです。
いつも思いますが一つ一つの部品が本当にデカイ!
こんなに大きなカムシャフトを手にしたのは初めてです。
200801171.jpg 200801172.jpg 200801173.jpg

本日エンジン屋さんから連絡があり
このエンジンは面研磨できないそうです。
ひずみは基準値内なのでちょっと心配ですがガスケット交換のみになりそうです。

車台番号が錆で腐食 

久しぶりにトラックねたです。
先日トラックの車検整備をしていて
車台番号を確認すると錆で確認できない状態になってました。
ここの大型トラックはほとんど高速を走るので
融雪剤(塩化カルシウム等)の影響が大きいようです。
シャシ錆びの他マーカーランプやテールランプ等の電気配線も腐食して
配線の点検修理や引き直しは日常茶飯事です。
配線はビニール被覆の中の芯線でも内部で青く腐食していて
軽く引っ張るだけでもブチブチちぎれます。
この車はH12年式ですが8年使用でこんな状態です。
走行後にスチーム洗車等まめにすると結構防げます。
20080110.jpg

結構ひどく腐食していても粗いペーパー等で頑張って磨くと
以外に番号が確認できる場合が多いのですが今回はダメでした。
職権打刻を申請して車台番号を新たに打ってもらいます。
この申請がまた面倒でメーカーへ製造証明発行の申請をして
製造証明が届いたら車台番号の拓本エンジン番号拓本 写真
所有者の印鑑証明書 実印での申請書 顛末書 契約書 委任状等記入し
運輸支局へ申し込み数日後許可がでたら今度は運輸支局の整備課の方へ
打刻可能日時を打ち合わせしその日に車両を持ち込んでやっと打刻になります。
所有者がディーラーやクレジット会社 リース会社等だと更に面倒です。
またまた更にエンジン載せ変え等をして新車時からのエンジン番号が違ってる場合は最悪です。
今回はリース会社が所有者になってる為
所有権解除して所有者変更を先にしてから打刻申請する予定です。
何回か今まで申請して打刻してもらいましたが本当に面倒です。

カッティングプロッター 

先日カッティングプロッターを購入しました。
以前から購入しようか悩んでましたが
一番ベーシックなSTIKA SV-8と言う小さな物にしました。
取り合えず時間がある時に使って練習しようと思います。
目的はいろいろありますが車用に使うのが1番です。
20080109.gif

あけましておめでとうございます! 

正月は挨拶回り等であっという間に休みが終わってしまいました。
初詣にも行きおみくじは大吉で良い1年のスタートが出来ました。

個人的な仕事は昨日まで休み本業は昨日から仕事初めですが
休んでるトラックの台数が多く仕事も少ないので15:00で工場を閉めました。
帰りに車庫へバイクと86のエンジン始動に行きました。
86は調子よく一発始動でしたがバイクはバッテリーも弱く
掛かりそうで掛からず最終的にプラグがかぶりNG
面倒ですが燃料タンクを外してプラグを外し乾かし
86のバッテリーへケーブルで繋ぎ何とかエンジンを掛けました。
ついでなのでその辺をバイクで走ってきましたが
風が冷たくグローブもしてないので手も限界で直ぐに戻ってきました。
今年もよろしくお願いします。