ジムニーナンバー移動 

ジムニーJA12Cの車検整備と同時にヘッドランプの交換と
ナンバー位置移動の依頼を受けて作業しました。

ジムニーのヘッドランプはNAロードスターと同じ
シールドビームなので球切れした場合ランプ交換になります。
ロードスターでも良く付けますが装着したのはレイブリックの
マルチリフレクターランプでイメージも変わりとても明るくなるのでお勧めです。
ナンバー移動はキットがいろいろな所から販売されてるので
キットを購入しナンバー位置を移動しました。
有名所ではAPIO等がありますが今回はジムニー専門店?が販売している
安価なキットを購入しました。
届いた商品の内容はナンバーランプ1個ナンバー枠1枚
配線1本取り付け説明書です。
説明書にはボルト1本にも拘り・・・とそれらしい事が書いてありましたが
別に普通の市販のランプと枠ではっきり言って酷い物でした。
取付け説明書も穴あけ位置や寸法記載なしで
しかもランプのソケット部が大きい為かなり大きな穴開けが必要
穴あけ後のシールの気配りもなし
ナンバー取付けも通しボルト&ナット
ランプの配線の取り回し説明も無く
オマケに付属の配線では届きません。
安い物ですが何か凄く損した気分になりました。
これなら汎用ナンバーランプのみを購入するのと変わりませんね。
200701273.jpg 20070130.jpg


スポンサーサイト

ROMチェンジャー 

新しいROMチェンジャー購入しました。
先日のROMセッティングでも使ったROMチェンジャーは
GRID製で2種類のROMしか切り替えが出来ません。
今回購入したのはKスペ と言う個人の方のオリジナル品です。
実はMAPトレーサーもGRID製を使っていましたが
この方のオリジナル品に変更しています。
理由は使い易く安価な為です。
MAPトレーサー購入時にROMチェンジャーも作れませんか?と
お願いした所商品化してくれたようです。
製品自体は少し前から販売されてたようですが
なかなか連絡出来ず今になって要約購入しました。
このROMチェンジャーは4連なので一度に4個のROMを装着して
走行中でも切り替えする事が出来ます。
先日のROMテストは結局10個程度ROMを書き換えて
2連チェンジャーを使って何回も差し替えてデーターを取っていたので
時間も掛かり停まる回数も多く大変でした。
もっと早く購入していたらもう少し楽だったかも?
全国にはいろいろ独自でオリジナル品を作られてる方がいるもんですね。
20070126.jpg


車検 

今日は午前中にトラックを1台午後から軽を2台車検の持ち込み検査に行き大変でした。
陸運局&軽検査協会は以外に空いていました。
2月は車検予約も一杯で検査ラインも行列になるので
2月車検満了車は出来るだけお客さんにお願いして1月に受けてもらっています。
普通車(陸運局)は車検検査ラインが3コースありますが軽(軽自動車検査協会)は
検査ラインが1コースしか無いので混むと待ち時間が長く大変で
ライト光軸等でNGになり調整して再検査になると更に大変です。
今回も大型トラックが入庫して動かない為ヘッドライトテスターが使えないので
軽2台は、そのまま持ち込みましたが1台がNGでその場で調整して再検査でOKでした。
ヘッドライトは外部損傷が無く調整を触らない限り
ほとんど狂う事が無くそのままOKがほとんどです。
トラックは乗用車と比較するNGが多いです。
乗用車の検査ラインはイコライザー等でテスターと車両が自動で
真直ぐになるようになっていますが
トラックは白線に沿って直進でテスターに対して
真直ぐになるようにする必要があります。
白線に沿って進むだけなので問題なさそうに見えますが
トラックは全長が長いので結構傾いてしまう事があります。
当然傾いた場合ライトテスターで調整して検査を受けても×になる事が多いです。
空いてる場合は検査官にお願いして進入しなおす事もあります。
その他トラックの車検は決まり事が多くいろいろと大変です。





箱載せ換え 

ROMのデーターは納得出来る内容になってきたので
現在もう少し走行テストしています。
結局セッティングで走行した距離250km位になりました。
今年は珍しく積雪がほとんど無いので時間的に好都合で助かりました。

トラック整備の方は最近大きな修理も少なく落ち着いてますが
今日は代替する大型車の荷箱の載せ換えをしました。
箱を降ろす為に古い車のサイドバンパーやフェンダー 
Uボルト 配線類 冷凍機類等を取り外し
今日朝一からクレーンで吊り上げて新車に載せました。
ボルト類の部品が揃ってない為今日は載せた所で作業終了です。
大型トラック本体も高額ですが箱も高いので結構ボロボロになるまで再使用する事が多いです。
後もう1台同じ作業が残っています。
今回代替になった車はUDビッグサムで走行120万kmで
まだまだ走ろうと思えば走れますが不具合もたくさん有ります。
外国で活躍するのかな?お疲れ様でした!
200701202.jpg 200701201.jpg
箱を載せる新車と代替車から吊り上げて外した箱



走行テスト 

昨日のジムニーの車速信号ですがMTとATで違うようです。
結局メーターから信号を取る事にしました。
ちなみに配線色は黄/緑(Y/G)線です。

その後はロードスターの1700ccに合わせてROMの変更続きです。
Ver1.1 Ver2.0で走行テストしましたが印象はとにかく回るし凄いです。
実際A/F計を装着して計測してみると高負荷で12後半~13前半位で
結構薄くなってしまいます。
中負荷域でも13前後位で点火時期次第ではノッキングがひどくなります。
一度お客さんに乗ってもらったのですが走行条件でノックが
出るようなので結局そのまま使うのは難しいようです。
最初に装着している有名ショップROMも良く回りA/Fも更に薄くなり
13以上になる場合が多いのでそのまま使えません。

LM-1を使いログを取りA/Fのデーターを取り
点火時期も最初にクランクアングルセンサーで全体的に何度も調整して
フィーリング等の変化を確認しトルクと安全性を重視する事にしました。
Ver1.1をベースにした方が良さそうなので
Ver1.1のA/Fをほとんど変更し点火時期も結構変更しました。

最初に変更したROM①はA/Fはいい感じですが点火時期が合わないようで
走行フィーリングが気にいらないのでまたまた変更しました。
①の点火時期のみ変えたのですが、これも納得出来ず結局A/Fも変更しました。
こんな感じで6回ROMを変更しましたが、終いには訳が分からなくなって
最初からやり直す事に・・・・
走行テストも某道路を何回も往復していますが
飛ばして走行してるとその気が無いのに後ろから煽られて邪魔されたり
なかなか思ったように走行できませんでした。
現在は、ようやく良い感じに仕上がってきたのでもう少しです。
200701180001.jpg
今回使った物です。
ROMライター ROMチェンジャー は重宝します。
200701160001.jpg

1月も忙しい! 

1月は少し暇になるかなって思ってたのですが忙しい日が続いてます。
車検も1月中に後4台残ってます。
今日はスマートの車検をしましたがこれがまた大変でした。
まず車台番号&エンジン番号の位置がわからない。
取説で車台番号の位置記載を何とか見つけましたがエンジン番号は???
知り合いに聞いてこれも何とか解決
すいてる2コース(旧型ライン)に並んでスピードメーターをテストしようと
アクセルを踏み込むがトラクションコントロールが働いてエンジンが吹けません・・・
慌ててOFFスイッチを探しましたがスイッチは無い様で旧型ラインでは検査不能
結局混んでいる4コース(新型ライン)へ並び再検査しました。
次にヘッドライトの光軸不良・・・
工場にはライトテスターありますが大型トラックが工場に入庫すると
使えないので大丈夫だろうとそのまま持ち込みました。
サービスホールを外した所ライト調整スクリューが見えましたが
6角レンチで調整するタイプで工具の持ち合わせが無く
知り合いディーラーでテスター&工具を借りて調整して
またまた再検査してやっと車検証が交付されました。

12月に納車したかったジムニーも10日にお客さんから住民票を頂き
中古車新規で登録も終わったのですがカーナビを取り付ける事になり
今日ナビの取付け作業をしました。
装着したナビはカロッツェリアのDRZ99と言うモデルで
2DINサイズの価格も手頃な高性能物です。
取付けは終わったのですが車速センサーの信号線だけわかりませんでした
クラリオンのHPから印刷して現車で調べたのですが配線色が全く違うので
明日スズキの知り合いに聞いて装着する予定です。
20070117.jpg  200701171.jpg
ジムニーは取付け部が下の方なのでオンダッシュの方が良かったかな?
車速信号を取る為グローブBOXは外してあります。

ナビ取付け作業後はROMのセッティングが始まります。
ここ数日毎日少しづつデーターを取っています。
後日書きますがこれもまたなかなか大変な作業なんです。




SOLEX調整 

昨日SOLEXキャブの点検調整をしました。
このSOLEXはトヨタ純正5型でかなりレアなキャブだと思います。
写真では見た事ありますが実際に見て触るのは初めてです。
ジェット交換もほとんどのSOLEXはビス1本でカバーが外れますが
このキャブは4本取外さないと外れないのでジェット交換も大変です。

預かって点検してみるとかなり問題点がありました。
リヤ側キャブのスロットル調整スクリュウ&ストッパーサイドレバーが付いてない為
戻りが悪く回転数にムラができてしまい同調も取れない。
スロットルシャフトレバーが曲げてあり左右で部品が違う為
ターンバックルが斜めになりスムーズに押す事ができてませんでした。
ジェットも番数が適正でないのでエンジンが重い状態です。

後からお客さんがキャブの部品やジェットを前の持主から
もらってきてくれて
何とか使えそうなストッパサイドレバーがあったのでキャブを取外して
装着しましたが
フロント側キャブのターンバックルが取り付けたリヤ側のスロットストップサイドレバーに接触して装着できません。
スルットルアジャストサイドレバーを強引に曲げて接触しないようにして
更にターンバックルの樹脂部を少し削り何とか装着しました。

スロットルレバーは長さは同じですが位置決め穴の角度が違っていて
部品も使えそうな物が無かったので曲がりだけ修正して使いました。

燃圧&油面は再調整しましたがそれ程悪くありませんでした。
ジェットは手元にある一番良さそうなメイン#145エアー#190パイロット#55をセットしました。
点火時期はノーマルECUエアフロ固定から
TSR Ver5 エアフロ取り外しに変更し点火時期を調整
調整もいい感じに仕上がり試乗しましたが
思った以上に調子がよく下から上まで気持ちよく加速してくれました。
とても何年も眠っていたキャブには思えませんでした。
最近は4スロフルコンが多いですが、レトロなキャブも最高です!
200701092.jpg 200701091.jpg
トヨタ純正の古いキャブが渋い! このレバーと隣のキャブのスロットルレバーが接触
するのでレバー上部を平らに延ばし内側へ曲げました
200701096.jpg 200701094.jpg




新年あけましておめでとうございます! 

昨年はいろいろとお世話になりました。
中途半端な状態でTSRとして頑張ってますが
お陰様で何かと忙しい日を送る事ができました。
今年も穴場的な存在として引き続き頑張って行きたいと思いますので
今年も昨年同様よろしくお願いいたします。
2007年は1/5から仕事初めとなります。

2007 謹賀新年