S2000売ります 

販売車両でS2000が入庫しました!
ロードスターと同じオープンカーですが高級感があり
また違った部類の車に感じます。
オシャレなスタイリングなのにメチャクチャ速い!
6000rpm位からVTECが入り9000rpmまで簡単に回ってしまいます。
はっきり言ってロードスターとは比較になりません・・
足回りやクラッチはノーマルでもしっかりしていてそのままでも十分走れます。
幌も電動なので開け閉めが簡単
なかなか面白い車です。
中古車市場でも余り扱ってるお店が少ないので興味のある方はご連絡ください。
一般販売店よりかなり安い¥185万(県内登録込み)で譲ります。
H13年5月登録 走行51000km 車検H20年5月 白 RE01R新品同様
フルノーマル ワンオーナー

左フロントフェンダー板金塗装 リヤフェンダー板金塗装あり

s20002.jpg s20008.jpg s200013.jpg


スポンサーサイト

ワゴンR ヒーター効かない 

家のワゴンRがヒーターに切り替えても
冷たい風しか出ないと言う事で修理に入ってきました。
サーモスタットかな?と思い点検してみると
温度切り替えレバーの動きがスカスカ
ワイヤーを点検した所空調ユニット内の
MIXドアのシャフト部分が折れていました。
しかも何かが当たって折れた感じでは無く
どう見てもねじ切れています。
部品自体は安い物ですが交換するにはヒーターユニットを
取外して分解しないと交換できないので面倒です。

3年以内なら保証修理で直してもらえるんですが
3年と5ヶ月の為結局自分で交換しました。
ワイヤーの調整が悪いとドアシャフトに無理が掛かるようで
新車時からの調整が悪かったと思われます。
しかしスズキの車は良く壊れますね・・・
2006102120002.jpg 200610210001.<br />jpg

携帯で撮影した為見難いですが外した温度MIXドア

車検整備(大型) 

おかげさまで車検や修理 車の販売、買取等忙しい日が続いてます。
本業のトラック整備の方ですが一人病気でお休みしてるのでこちらも大変です。
最近では大型トラックの車検整備を一人で作業しました。
車検整備と言っても大型の場合乗用車と違い作業も大変で
点検していると整備が必要な箇所が結構出てきます。
前回整備や点検した人によってその整備が必要な箇所を
見逃したりわかっていてもそのままにしたりと
整備する人によって判断が大きく違ってきます。

今回はH12年式で走行90万kmの大型トラックでしたが
リヤのエアサス下部リーフスプリングブッシュが磨り減って
ブラケットと干渉跡が付いてます。(後2軸計4個)
段差等でガタガタと異音も出ています。
リヤショック4本ブッシュも中でちぎれてます。
デフ&アクスルとフレームを連結しているロッド2本のブッシュもちぎれてます。
ヒーターパイプが錆びでボロボロ穴が開くのは時間の問題
ブレーキライニング残り少全て交換
その他細かい所いろいろと有りますが上記のブッシュ関係は
かなり前からこのような状態だった思います。
車検時に良く見ていないかわかってて交換が面倒だから後回しにしていたと思われます。
現実作業自体も大変なんですがオマケに錆びとの戦いが付いてきます。
ボルトナットが緩まなかったり折れたり抜けなかったりします。
結局今回もアセチレンガスで焼いたり切断したり
ドリルで穴開けて逆タップでボルトを抜いたりとフルコースでした・・・
車検では検査ラインの測定器での数値がOKで
最低限の検査基準が問題無ければ合格するので
上記の場合リヤはガタの判断が難しく取り付けも緩みが無いので車検はパスできます。

このようなからも車検が通ったから安心と言えない事が良くわかると思います。
車検は信頼できるお店に任せるのが安心だと思いますよ。



中古車修復暦 

先日お客様が車を売りたいと言う事で相談を受けました。
高額車の為に買取りは厳しい為
業者オークションへの出品代行する事になり
オークション会場へ出品しました。

中古車販売では販売車両の修復暦の有無表示が
義務付けられています。

お客さんは購入時修復暦は無いと言う事でこの車を
購入しましたが左のラインにずれが有った為
ランプを取外した所サビがあり
購入店へ確認しに行きました。
購入店では修復暦に当てはまる損傷では無いので
事故車では有りませんと言われたそうです。
(修復暦には定義がありその中に当てはまらない)

所がオークション会場での車両評価を見た所
左フロントコア曲がり インナーシワで事故車評価
当然高額車の場合修復暦の有り無しで落札価格が大きく違ってきます。
結局落札されずに流れました。
修復の程度は軽傷ですが本人は事故車では無いと言う事で
高額な代金を支払ってるので納得が出来ず購入店に抗議をしています。
購入店はオークションで仕入れ評価は事故車でなかったと
言ってるそうですが、まず有り得ない事だと思います。

私は現在それ程多く車の売買はしていませんが
販売する時は一切だましはしていません。
今回はこのような形で発覚しましたが
実際にはこのようなケースはまだまだあると思います。
修復暦ある車でも安く問題なく乗れる車両ならいいですが
大きい事故の場合は購入は避けた方が無難です。
皆さんも車購入時は金額だけで判断しないで
信用できるお店で購入する事をお勧めします。


エンジン乗換え完了! 

一昨日昨日と自分の時間を作りエンジンを乗せ換えしました。
一昨日は夕方から2時間程エンジンを降ろし補機類の付け替えをして
工場から車を出して昨日また車を工場に入れてエンジンを乗せました。
エンジンも一発で気持ちよく始動し調子も最高です。

NBのセルモーターを以前手に入れたので今回装着しました。
1箇所ボルト穴が違い2本止めですが問題無さそうです。
しばらく眠っていたSOLEXキャブも全く問題ありませんでした。
やはりインジェクションからキャブに変更すると
レスポンスが全然違い吸気音が最高です。
まだまだ4スロフルコンには負けられませんね。
後は排ガスを点検し細かい部分の作業が完了後車検を受ける予定です。
200610051.jpg   200610052.jpg

カメラを忘れて乗せたので乗せた画像がありませんが
降ろした状態のエンジンルームとエンジンです。





キャビン交換 

今日は急遽休日出勤になりました。
以前から入庫している事故を起こしたトラックの仕上げの為です。
キャビンの損傷がひどく板金修理できない為キャビンの交換になります。
フレームも曲がっていた為板金屋でフレーム修正をしています。
キャビンは新品の場合全て付替えが必要で内装や
空調ユニットの損傷等もあり部品の手配や付け替えが大変です。
今回は、キャビンコンプリート(中古)が見つかったので
手配し昨日届きました。
全く同じなら本当にそのまま載せ変えるだけなので
作業も楽だし時間もそれ程掛からないのですが
いろいろ見比べるとやはりそう簡単には行かないようです。

オートA/CとスタンダードA/C
ブレーキバルブの違い
ハロゲンとHID
排ガス規制後用ECUと規制前ECU他いろいろ
当然車両ハーネスや付いてる部品が違う為
ダッシュパネルを外しハーネスや部品を全て移植する事に・・・
新品キャビンよりは作業は楽ですがそれでも面倒でした。
空調ユニットも元の部品は破損してる為2個一で
モーター取り付け部を削ったり加工して使いました。
何とか形になり無事完成しました。
200610013.jpg     200610014.jpg
事故後のキャビン内        コンプリートキャビンから
                     ハーネスを取り外した状態
200610015.jpg 事故車から外した取り付けるハーネス

200610011.jpg     200610012.jpg

事故後のキャビン           完成した車両