ドライブシャフト 

以前も書きましたが、FFや4WDの場合フロントにドライブシャフトがあり
年数や走行でハンドル操作等によりブーツが破れやすくなります。
破れたまま走ってるとジョイントに異物が入りガタが出てハンドルをきって
動くとカタカタと異音がするようになりそうなった場合は、交換が必要です。

車種によって違いますが新品で5万前後リビルト品(再生品)で1~2万円程です。

今回は、ワゴンRで以前にブーツが破れブーツを交換した形跡がありますが、
異音が発生していた為、リビルト品で対応しました。
恐らく破れたまましばらく走行していたと思われます。

ドライブシャフトは、スムーズに作業が進めばそれ程面倒な仕事でもないのですが、
ハブ取り付け部が(タイヤを回す部分)錆びてシャフトが抜けない車がほとんどです。
今回もやはり錆び付きでシャフトが抜けません・・・
運が良ければハンマー攻撃で抜けるのですが、今回のワゴンRは、手強く全く抜けようとしません。

仕方が無いのでこういう時は、ハブ事外してプレスを使って抜き取ります。
プレスを使えばほとんど外れますが中にはプレスを使ってもなかなか外れない場合もあります。

ドライブシャフト交換時は、シャフト取付部のデフオイルシールも同時に交換します。
このオイルシールもゴム製で安い部品なので年数が経つと漏れやすい為
交換しておくといいですよ。
交換しないで後に漏れた場合また同じ作業が必要で工賃も安くありません。
pr.jpg


スポンサーサイト

詐欺メール 

ヤフオクでBBSのアルミを入札したのですが、価格が予定より上がった為あきらめたのですが、
2日後位に落札者が入金が遅れる為、キャンセルしたので
私と取引きしたいとメールが来ました。
ヤフーのメールアドレスにメールが来ましたが
私は、ヤフーに登録しているメールアドレスは、ヤフーでは、ありません。
ヤフーIDとメールアドレスが同じ方に送信されるようですね。

内容は、連絡先も記入無しでキャンセルした落札者も悪気がないので繰り上げると
評価が悪くなる為、落札者と話し合い繰り上げしませんでした等
都合の良い事をいろいろと書いてありました。

本当に欲しい商品なら騙される方もいるでしょうね?

このような詐欺メールが結構出回ってるとは聞いてましたが
本当に自分の所にメールが届き驚きました。
以前私自信が、自転車操業にやられた経験があるので
この手の詐欺は、本当にむかつきます。
自分は、大丈夫 騙される人がバカなんだって思ってる人に限って
詐欺に合うケースも多いようなので注意した方がいいですよ。

ステップワゴン 

ステップワゴンの注文を頂き予算や色、走行等条件にあった車が
たまたまこちらのAAで出品されていて予算内で落札できました。

昨年の10月に車検を受けているので19/10まで車検が残っています。
しかし、点検してみるとブレーキパッドもほとんど無く
ベルトも亀裂がありキリキリ音がしている状態
ATのデフオイルシールからオイル漏れ
エンジンメンバー間のブラケット曲がりでマフラーと干渉
プラグも電極が丸く消耗とかなり安く車検を済ませてるようです。
もちろんこちらで全て交換修理しました。

走行は、80000kmですがこれから安心して乗って頂けるように
タイミングベルトも交換しました。

このステップワゴンですが、マフラーは、トラストのスポーツマフラーで
EXマニホールドが無限のタコアシに交換されていました。
ワゴンで余りマニホールドを交換する人って少ない??と思いますが
結構カッコ良くいい音しています。
stw.jpg

stw1.jpg



TSR INJ Ver2 

NA6インジェクション用ROM Ver2を試作しました。
完全ハイオク仕様のスポーツ走行向けのROMで
A/Fもより出力空燃比に近づけ点火時期も改善しました。
ただ、マージンが少ないのでもう少しテストして様子を見たいと思います。
現在、何名かにテストして頂いてる所です。

このROMのテストをする為にTSR号のエンジンを
256°ハイカム&インジェクションにする予定です。

最近NA8かNB8に代替えも検討中なのと
時間が取れず結局NEWエンジンも全く作業が進みません・・・

ミニカー 

ヤフオクで車の部品を探し入札した後に同じ出品者の他の出品物を
見た所クロネコヤマトのミニカーが出品されていました。
4年間セールスドライバーとして勤務した事があるので
何となくこちらも入札してみました。

結果は、肝心な部品の方は価格が競りあがり諦めましたが
ミニカーは、他に入札が無く落札してしまいました。

本当はこの車を修理する予定が何故かSDを4年もして
結局は、整備の方に移動させてもらえませんでした。
SDは、皆さんが想像している以上に大変で社則も厳しく
体重も10kg減り大変でしたが今では、良い経験をさせてもらったと思ってます。

ちなみに白に青でネコの絵が描いてある車以外の3台に乗って頑張ってました(笑)
kuroneko.jpg

エンジンマウント 

お客さんのロードスターのエンジンマウントを交換しました。
マツダスピードの強化マウントです。

エンジンマウントもゴム製品なので劣化で硬化し
エンジンの振動等の影響もあり経たりやすい部品です。
部品代は、1個¥2600と安い部品です。
作業料金は、車種やお店によって違います。
ロードスターの場合作業的には、やりやすい方ですが、
取り付け順序やエンジンの吊り上げ方にコツがいりますね。

強化型は、エンジンの揺れを抑えシフトフィーリングがよくなりますが、
ゴム硬度が高い為、車体等に伝わる振動は、大きくなります。
エンジンマウント交換の効果は、大きく体感しやすい部品です。

em1.jpg

取外したエンジンマウント
em3.jpg

古いマウント(左)と新品のマウント(右)
em2.jpg

外したマウントですが、亀裂が入って切れかかってます。
ガソリンでは、少ないですが、ディーゼルは、振動が大きいので
ひどい物になると完全にちぎれています。





定期交換部品 キーレス作動不良 

今日は、バモスの車検整備をしました。
走行38000kmで1回目の車検です。
1回目の車検と聞くとそれ程車検費用が掛からないと感じますが
日頃点検等してない車だと38000km走ると消耗品等の交換部品が多いキロ数です。

不具合の無い部品を交換しなくても車は、普通に走りますが、
車を大事に乗るには、やはり消耗品等は、定期的に交換する事が大切です。
今回の車を例にあげると下記のような部品があります。


リヤブレーキシューは、まだ十分使えますが、
フロントブレーキパッドが、残り僅かで要交換

ブレーキフルードは、最低でも2年毎の交換がお勧め
性能が劣化しベーパーロックが発生しやすく
フルードが水分を吸収し最悪ブレーキ配管やシリンダー類内部にさびがでます。

AC等のベルト類は、亀裂等ありませんが、交換推奨

プラグも性能が良くなったので電極の磨耗等問題ありませんが、
走行キロからして交換推奨

オイル類は、定期的に交換されてるのでOK

ワイパーゴム切れで要交換

冷却水も見た目は、綺麗で比重もOKですが、3年使うと性能も劣化するので交換推奨
性能が劣化するとエンジン内部にさびが発生したりオーバーヒートの原因になります。

エアークリーナーも真っ黒で要交換

バッテリーも3年位で交換した方が安全です。

他にもいろいろありますが簡単に取り上げてもこれだけあります。
こう言った定期交換部品を車検時に全て交換すると
車検費用がものすごく高くなるので日頃から定期的に点検し
部品を交換する事をお勧めします。
車って本当にお金が掛かる物なんです。
壊れてから莫大な費用で修理する事を考えると安い物です。
メーカーの新車保証でもメンテンンス不良による不具合は、保証対象外になっています。
erc.jpg

38000km走行後のエアークリーナーと新品です。
こんなに真っ黒に汚れるんです。
エアクリーナーには、湿式と乾式があります。
乾式は、エアブロー等で清掃可能ですが、湿式は、特殊なオイルを
しみ込ませてあり汚れ清掃不可能です。この車は、湿式です。


バモス キーレスエントリー作動不良

入庫時キーレスエントリーとリモコンエンジンスターターが動かないので
一緒に見て欲しいと依頼を受けました。

リモコンスターターは、取り付け説明書を読むと
スイッチ部の設定スイッチが間違ってるようで設定し直した所OKでした。

キーレスエントリーは、初め作動していたが、途中で全く動かなくなり
電池を新品に交換しても作動しないと言う事でした。

HONDAの知り合いに聞いた所一度リセットしてダメな場合
スイッチ不良の確立が高いと言う事だったのでリセットしてみる事にした。

ドアを全て閉めた状態でIGオンにしてスイッチを1回押しIGオフ
これを4回繰り返し4回目でドアロックが動けばOKです。
早速、実行した所ばっちり作動するようになりました。

HONDA車で同じような症状が発生した場合試して見る価値ありますよ!
(車種によって違うタイプもあると思います)










ワゴンR AT 3速に変速不良 

今日は、ワゴンR4WD(CT21S)が3速に入らないと言う事で入庫しました。

現車を確認してみると1→2速と変速するが、2→3速が入らない状態です。
ATF(オートマOIL)は、基準量ですが、少々汚いです。

ATは、内部にコントロールバルブと言う油圧を制御する部品があり
変速する時にコントロールバルブ内にシフトバルブというバルブを
油圧で作動させて油路を切り替えて変速を行います。
20060207190553.jpg

AT内コントロールバルブ
20060207190744.jpg

コントロールバルブを取外したAT内部


そのシフトバルブを動かす為にソレノイドバルブという(電磁弁)を
電気的に作動させてシフトバルブへ油圧をかけます。
20060207190803.jpg

ソレノイドバルブです

ソレノイドバルブは、AT用CPUが信号を送り制御します。

以上の事から3速のみ入らないと言う原因として考えられるのが、

①ATのCPUがソレノイドバルブをONさせる信号を出さない

②CPUは、信号を送ってるがソレノイドバルブ本体の不良や
 途中の配線が断線している。

③ソレノイドバルブは、ONしているが、Oリング不良により
 油圧がリーク(漏れて)してシフトバルブが押せない

④ソレノイドバルブは、ONしているが、シフトバルブに異物が噛み
 油圧でシフトバルブを押してるが動かない

上記4つの原因が考えられます。

まず、CPUがソレノイド作動信号を送ってるか確認する為にリフトアップし
2-3ソレノイドバルブへの配線にサーキットテスターを繫ぎ
Dレンジで車速を上げて行き12V出るか確認します。
結果は、車速を上げていくと途中で12V出力されOKです。

次は、ソレノイドバルブの点検ですが、コントロールバルブ上部に付いてる為
オイルパンを外しコントロールバルブを外します。
コントロールバルブからソレノイドバルブを外し
強制的に12V掛けてソレノイドが作動するか確認します。
結果は、作動音もしてOK

ソレノイドバルブのOリングは、切れたり変形してないので
油圧リークの可能性は、低いと思います。

残されたのは、コントロールバルブ内の2-3シフトバルブの
引っ掛かり等による作動不良です。
分解した感じでは、途中で引っ掛かるような感じでは、ありませんでしたが、
ちょっとした異物が原因になる場合が多いので取りあえず全て分解洗浄し
その後綺麗に組み付けます。
コントロールバルブ内には、小さなボール等細かい部品も多い為
分解組み付けは、注意が必要です。
ちなみにメーカーでは、コントロールバルブは、分解するなと言われてます。
でも分解します(笑)
20060207190632.jpg

20060207190653.jpg

分解したコントロールバルブ 内部は、迷路のような油路があり途中に
小さなボールが入っています。



洗浄後にゴミ等異物が入らないように注意して組み付けました。
オイルパンにシール剤を塗布し組み付けATFを入れて早速テストしました。

結果は、もちろんOKで1→2→3と変速しました!

普通の車屋さんでは、ここまでしないお店が多いのが現状です。
そのまま、ディーラーへ持っていって修理してもらったり
ひどいお店では、技術力や知識が低い為、ご診断でAT交換したり
何も調べないでコントロールバルブを交換して運よく直った等で修理費用が高くついてる場合もあると思います。







凍結 

きのうの夜から冷え込みが厳しくなり帰り道は、アイスバーン状態でした。
融雪装置が付いてる道路は、問題ありませんでしたが、
雪が無くても路面が凍結している状態の道路が怖いです。

しかし皆ガンガン飛ばしてますね!
ミニカトッポに乗って帰り道を走っていると後から煽り気味で
くっついてくるアホドライバーが来ました。
ブレーキ踏んでやろうか!と思いましたが、おとなしく今以上にゆっくり走ってあげました。
後の車は、一段といらついてるようでとうとう無謀な状況とスピードで追い抜いて行きました。止まる事考えてないんじゃないの??
その後にそのドライバーに殴られないで良かったです(笑)

昨日1日で県内で80件以上のスリップ事故があったそうです。
北陸道も玉突きでエライ事になってました。

そして今朝は、家の水道管(ボイラー)が凍結してお湯が出ませんでした。
その後は、車で走行中にフロントガラスが汚れて見にくいので
ウォッシャーを出そうとスイッチを操作しましたが出て来ません・・・
ウォッシャー液は、水しか入れてないので凍ってしまったようです。
ワイパーもブレードの金属部分が凍って上手く拭き取らないし大変でした。

北陸では、余り装着してる人少ないですが
やはり気温の低い日は、スノーブレードが安全です。
スノーブレードって知ってます??



ドライブシャフトブーツ 

FF車4WD車のようにフロントにドライブシャフト(タイヤを回すシャフト)がある場合
ドライブシャフトブーツが良く亀裂が入ったり破れたりします。
これは、ハンドル操作をする為にジョイントが付いていて
左右にハンドルを切る事によりジョイント部のブーツが伸縮し更に回転している為
年数が経過するとゴム製の為劣化で破れやすくなります。
シャフトの外側と内側にそれぞれブーツが付いてますが
破れるのは、ハンドル操作で動く外側がほとんどです。

点検等で不具合を発見してその時にブーツ交換修理をしておけば
それ程問題無いのですが、気付かずに破れたまま長い間走行した場合
ジョイント部に砂等が噛みこんでしまいジョイントに傷が付いてガタ等が出てしまいます。
ジョイントがダメになるとカーブ等を曲がる時にカタカタカタと異音がします。
こうなってしまうとジョイント(ドライブシャフト)を交換しないと直りません。
部品は、新品だと¥50000以上します!リビルト部品(再生品)で半額位です。
工賃も結構高い作業です。

車検時等に破れてなくても亀裂が入ってる場合は、交換してもらった方が安全です。
自動車屋さんがアドバイスをしてくれるかどうかは、わかりませんが・・・

ドライブシャフトブーツの交換もシャフトを外す必要があるので工賃は、高めです。
最近では、シャフトを外さなくてもワンタッチで交換できるタイプの部品もあります。
この部品が販売された当時は、繋ぎ目がすぐに外れたりして
余り良くありませんでしたが、今では、カイロで熱を加えて接着性を高めるタイプ等
性能も良く信頼性が高くなってきたので問題なく使えます。

今回交換したのは、ハイラックスサーフの左右で部品は、
ワンタッチじゃ無くシャフトを外して交換するタイプです。
20060203193128.jpg

写真では分かり難いですが、左側のブーツがパックリ割れます。

20060203193138.jpg

交換は、このように分解しないと出来ない車がほとんどです。

またエアサストラブル 

以前エアサスのインジケーターが点滅する不具合で修理したセルシオが
また、同じくインジケーター点滅で入庫しました。

前回は、左フロントレべリングセンサー(車高を検知するセンサー)の不良で
部品を新品に交換しました。
今回は、点滅してた物がしばらくすると直ってしまう症状です。
取り合えず自己診断でサービスコードを調べると11番右フロントレベリングセンサーが出力されます。
今度は、右かよ!次は後ろか?

コネクターの取付けや勘合接触不良等を見ましたが異常なさそうです。
センサーの動きもスムーズで恐らく内部の抵抗不良と思われます。
部品は、¥30000程するのでお客様と相談してまた、点滅して止まらないようなら部品を交換する事にしました。

UCF10系セルシオは、年数が経つと壊れる所が大体決まってますね。
それにしても次から次へと不具合が発生して本当に困ります。
それでも、ベンツよりまだいいかな?