タイミングベルト 

今日は、Y33グロリアのタイミングベルトを交換しました。
タイミングベルトは、10万km毎に交換を推奨されている部品で
作業がちょっと時間が掛かり面倒なので車種によって異なりますが
工賃も¥20000~50000程かかり結構大きな出費になる修理です。

一昔前までは、10万kmだともうそろそろ車を買い替えるかって言う方が多かったのですが、車の性能や耐久性が良くなった事も有り
最近は、車の代替サイクルが長くなり10万kmを超えても車検を受けて
継続して乗る方が多いですね。

中古車でも今では、普通に販売しています。
もちろんメンテナンスがされていない車は、問題外です。
中古車選びでは、もちろん走行キロが少ない方が良いのですが
出所のわからない車は、走行キロが信用できない車も多く注意が必要です。(ヤフオク等)
以前業者オークション会場で20万km走行した車が数万で落札されて
数日後ヤフオクに出品されておりその時の走行表示は、10万km(買取車の為不明)表示で5倍の価格で販売されていました。
メーターを付替えて販売しているのは、確実です。

今は、車検を受けると走行キロが記載されますが、
それでも悪い人は、1回目の車検を受ける前にメーター改算しています。

業者で改算してるお店は、ほとんど無いと思いますが。
(それでもやっぱり未だにしているお店もあるそうです)
個人売買では、特に注意が必要ですよ。






スポンサーサイト

フリーダムCPU 

以前ロードスターに装着した4スロも雪の為にその後は、
ほとんど動いてない状態でしたが、今日久しぶりにエンジンを始動しました。

スロットルセンサーが普通に付かないスロットルの為
スロットルを他の物に交換した方がよさそうです。
現在なんとか加工して装着していますが、信号の精度が悪く
使い物にならない感じです。

フリーダムのセッティングもこの状態では、まともに出来ません。
とりあえずスロットルセンサーを付け直しセッティングもやり直しです。

装着しているフリーダムは、古いタイプで空燃比連動機能が
付いてないタイプなのでセッティングは、時間がかかり面倒です。

通常は、学習機能を使って14.7:1の理論空燃比になるように
マップをつくりその後に補正を掛けて出力空燃比になるようにします。
新しいタイプのフリーダムには、空燃比連動機能があり
設定したい空燃比をフリーダムに教えるだけで希望のマップにする事が可能です。
今装着しているフリーダムは、中古で安かったので連動機能が無くても十分と
思ってましたが、やはり簡単にセッティングできるFC-03がお勧めです。
A/Fは、だいたい12.5:1になるようにマップをつくるので
エンジン仕様が同じ場合さほど人によって極端なマップの違いは、少ないと思いますが、
点火時期は、セッティング次第でエンジンフィーリング等も結構変わり
人によってマップは、さまざまな内容になると思います。
点火時期のプログラムが重要だと思います。
セッティングでの危険性もA/Fより点火時期の方が高いと思います。
以前ロータリーターボでエンジンブローを何回か経験していますが、
同じブーストでも点火時期を変更した為にブローした事もありました。

フリーダムは、本当に高性能で安価なCPUですね。
安いだけについ手を出してしまう方も多いと思いますが
余り簡単に考えすぎない方が良いと思いますよ。
ディラー時代にTECSと言う研修を受けた事がありますが、
フリーダムを使おうと思ってる方にお勧めの研修ですね。
MAZDAの教育マニュアルに技術習得書と言う本があり
その中にTECSとかEGIの基礎と言う項目があり
こちらも参考になると思いますよ。
見る事が可能な方は、一度読むといいかも?
P1010004.jpg


ガソリン抜き抜き 

事故で廃車にする車の燃料計を見てみると半分を指していたので
ガソリンを頂く事にしました。
最近ガソリンが高いので経費削減です(笑)
今回も以前と同様タンクから抜くのが面倒なので
燃料リターンホースを外してエンジンを掛けっぱなしで
タンクに燃料を戻して抜き取りました。
余りこんな方法で抜き取る人は、居ませんが結構使える方法ですよ。
今回は、約20Lでした。
20060125122824.jpg



ピストン洗浄 

以前積んでいたエンジンのピストンでTODAレーシングの鍛造です。
カーボンを落とし綺麗にする為に今回は、サンエスK1と言う物を使ってみました。
いつもは、メタルクリーンを使っていますが、このサンエスK1が安かったので試しに使ってみました。
18Lの水に1袋500gで標準濃度の洗浄液が作れます。
写真のピストンが、しばらく漬け込んで軽くブラシで磨いた物です。
洗浄前の写真を撮り忘れましたが、カーボンで真黒な状態でした。
特別強力にカーボンが落ちる訳では、ありませんが、十分使える物でした。
20060124194658.jpg

中身は、透明な袋だと凄く怪しい物に見えそうな白い粉です。
20060124194116.jpg

洗浄後に十分乾かしさび止め処理をしてリング類も元に戻しました。
20060124194131.jpg

インレット側のリセスにバルブと接触した跡が残っていますが、以前組んだエンジンの傷跡です。
特に不具合らしい症状が出てなかったのですが、バラしてみるとこのような状態でした。
9.2mmリフトのカムでバルタイ105°だったと思いますが、僅かにリセスの位置が良くなかったようです。
その後組んだエンジンは、組み付け前に点検し接触しない事を確認した為リセス修正なしで使ってました。
この時にやはり粘土等での点検は、必ず必要だと実感しました・・・






レイル アルミアンダーカバー 

お客さんのロードスターにレイル製のアンダーカバーを装着してみました。
純正のカバーは、樹脂製で年数が経つと硬くなり割れやすく
特に積雪時のわだちを走行時に引っかかり破損する事が多いですね。

このレイル製は、高額なだけに部品の制度は、すごく良く取付け穴等全く問題ありません!
見た目もかっこよくエアーの整流もよさそうです。
カバーの重量がもう少し軽ければ最高ですね。
(決して重過ぎる訳では、ありませんが)

ドレスアップやローダウン車のエンジン保護等には、お勧めの商品です。
20060120201300.jpg

20060120201229.jpg



インロック 

AW11 MR2のドアの閉まりが悪いのでドアガラスを上げ下げして
ドアを閉めて開けようとした所ドアが開きません???

室内のロックをみてみるとロック状態になっています・・・・
恐らくPWスイッチとドアロックスイッチが並んでる為
誤ってドアロックスイッチを触ったようです。
おまけに冷却水を交換しエアー抜き作業中だった為
エンジンもかかった状態です。

取り合えずロック解除工具を使ってガラスの隙間から差込み
開錠しようと頑張ったのですが、なかなか開きません。
初めに使った工具は、諦めて隙間から直接ドアロックスイッチを
操作する事にしました。
ハードトップ車なのでドアガラス前方からでも工具が差し込める為
何とかスイッチを動かし開錠しました!

通常インロックした場合JAF会員ならJAFで無料で開錠してもらえますが、
お客さんは、車屋さんに連絡する方が多いですね。
車屋としては、まず頼りにされて電話を頂くのでとても光栄な事ですが、
やはり商売なので料金を少し頂く事が多いですね。
JAFの方が無料でしかも実践の為の勉強や実習を教育されてるので
上手に早く開錠してくれますよ。
ro1.jpg

このような工具でロックを何とか開けます。
赤色の小さな袋は、また別の方法で開錠する物なんですが、
中をお見せする事ができません。

ブランド品とオリジナル品 

チューニングパーツやテスター 専用工具等いろいろな物に当てはまりますが
大きなメーカーが生産している物は、美観も良く性能も悪くないのですが、
価格が高く物によっては、驚くような価格の物もあります。

下の写真は、左右どちらもマップトレーサー(ROMのアクセスしているアドレスを表示するテスター)で
左が個人のオリジナル品で右がGRID製のメーカー品です。
オリジナル品の価格は、GRID製の半額以下です。
右のGRID製は、今まで使っていた物で左のオリジナル品は、
ネットで見つけて購入した物ですが、まだテストしていませんが、
このマップトレーサーについては、テストして詳しく紹介させて頂く予定です。(製作者に了解済)

ユーザーにとってメーカー品は、知名度が高いので購入しやすいですが、
オリジナル品は、商品の信頼性や販売者の信頼性、やポリシー アフターサービス等が
わからないと購入を考えるので販売する側も売るのが大変です。
しかも、広告費もなく販売利益も少ないのでそれ程儲かりません。
それでも現実は、メーカーの対応が悪かったり商品も
それ程満足できるレベルでなかったりしますね。

実際オリジナル品の方が性能や機能が良かったりする物が多く
オマケに価格も安いので私は、信頼性の有るオリジナル品をよく使います。
もちろん、取り付けや使用に関しては、ある程度自己責任になるのは、
仕方がないと思います。

全国には、いろんな専門分野に詳しい優秀な方がいて
いろんな物がオリジナル品として製作されている物だと実感しました。

20060114185633.jpg



デフオイルシール 

NA6ロードスターは、10年以上前の車になります。
まだまだ、人気もあり市場にもたくさん走っていますが
年数が経つとどうしても不具合が出てきます。

一番多い不具合は、やはりゴム製部品の劣化で
オイルシール不良によるオイル漏れだと思います。
下の写真のロードスターは、H2年式で走行距離は、7万キロと
年式から見ると少ない方ですが、
デフオイルシールよりオイルが漏れています。

エンジンのオイルシール(クランクのF、Rカムシャフト)の方が
熱の影響もありもれ易いですが、このロードスターは、
メンテナンスをきっちり行っており以前に交換済みで
エンジン廻りは、にじみも無くとても調子がいいです。

シールは、安い物ですが、工賃が高い作業なので
タイミングベルト交換時等には、漏れが無くても
クランクとカムシャフトのオイルシールは、交換をお勧めします。

最近では、ケミカル用品もいろいろ販売されていて
オイルに混ぜるとシールを膨張させて復活させる物や
科学反応?で空気に振れると固まる物等があり
以外に効果があり結構漏れが止まります。
耐久性は、??ですが、出来れば完全修理が1番です。

defu3.jpg

リヤアッパーアームを切り離すとドライブシャフトが離せるので作業し易いです。
defu.jpg

defu2.jpg

defu1.jpg




仕事初め 

お正月休みも終わり今日から仕事です。
休みの間は、ネットでの販売物の注文を結構頂き
部品の手配や作業等でいろいろと忙しい毎日でした。
インターネットは、会社が休みでも注文を
受ける事も出来ますし問い合わせもメールで
受ける事ができるので本当に便利ですよね。

お店の方は、車も1台売れたのでまずまずの出足です。

金沢は、昨日から雪が降り続き
やっと雪が無くなって来たと思ってた所へ
また大量に積もってしまいました・・・
また雪かきで腰が痛くなりそうです。

今年1年よろしくお願いします。

謹賀新年 

あけましておめでとうございます!

早い物であっと言う間一年が過ぎ新しい年が始まりました。
昨年は、仕事関係でいろいろと大変な事が多かったですが、
今年もきっと楽出来ないでしょうね?
毎日が勉強だと思って新たに今年一年頑張りたいと思いますので
今年もよろしくお願いします。

以前の仕事の関係でお酒も余り飲まないようになったのですが、
正月は、飲む機会が多く結構飲んでます。
昔のように吐くまで飲めなくなった事を思うと歳をとったと実感しますね。