ウィッシュ エンジン不調 始動不良 

ANE10 ウィッシュのエンジン不調 エンジン始動不良です。
毎回ですがちょっと専門的で面白くないと思いますが、
同じ業界や車好きの方の参考になればと書いてます。
H15年式 走行100000kmまあまあ走行してますが今時の国産車ではまだまだ少ない方です。

症状は、エンジン始動後アイドリングがバラつきエンストし再始動困難
アクセル全開でかけると何とか、かかり吹け上がりは普通ですが
アクセル戻し気味で不調エンストしそうになりアクセル開けるとバックファイヤーします。
もちろん走行は無理な状態でした。

①始動不良として推測すると始動可能なんで点火系や燃料噴射はとりあえず問題ない可能性が高いです。
②バックファイヤーする事から燃料が薄い事が考えられます。
③燃料が薄くなる原因で怪しい箇所→ エアフロ不良 二次エアー吸い込み EGRリーク等
④始動不良時本当にかからないのでEGRが一番怪しい

取り外し点検すると見た感じは密着してわかりませんがカーボン汚れで真っ黒です。
少し前の車のEGRバルブはダイヤフラム式で外から見ても開いてるとわかる物でしたが
最近の物はステップモーター式で外からは全く見えません。
バルブ本体清掃取付け部穴からエンジンコンディショナー噴射奥に届かないので更にエアー噴射攻撃
resize0018.jpg resize0019.jpg
resize0020.jpg resize0015.jpg
resize0016.jpg resize0017.jpg
このエンジン直噴インジェクションでカーボンが溜まりやすくスロットルバルブや
アイドリング空気量を制御するISC等もカーボン汚れ酷いのでWAKO'Sのスロットルバルブクリーナーで洗浄
エンジン内部はRECS施工で洗浄 燃料系にフューエル1とWAKO'Sスペシャル
洗浄後組み付けてエンジン始動も問題なく絶好調です。
今回のような修理にはWAKO’Sのケミカル品は有効で効果抜群だと思います!


スポンサーサイト

SW20 MR2クラッチ 

MR2のクラッチ修理です。
クラッチを踏むとエンジンがストールしそうになります。
思った通りクラッチカラーベアリングの不良でしたが作業した事ないMR車で苦労しました。
4月にミッション降ろしてからしばらく放置状態でしたが昨日やっと組み上げました(^_^;)
一度作業すると次からは楽勝ですが古い車なんで整備する事もそんなに無いですね。
201506031.jpg 201506034.jpg
ドライブシャフトをジョイント部で分解し取り外してしまいジョイントのボールが脱落し組み直したり
セルモーターが錆で固着しミッションケースから外せなかったのも苦労した要因でした。

201506032.jpg 201506033.jpg
回転するクラッチカバーをスラストベアリングが回転を受けながらダイヤフラムを押すのですが
ベアリングが焼き付き回転しない為クラッチを踏み込むとベアリングが擦れながら
ブレーキをかけたようになる為画像のように損傷しています。

78プラド 2インチリフトアップ 

78プラドのリフトアップの仕事を頂きました!
ローダウンからリフトアップまで何でもしますよ。

2インチなのでブレーキホースやプロペラシャフト他はそのままでも大丈夫そうです。
ラテラルロッドは前後調整式に交換して調整
リフトアップによってステアリングロッド長が短くなりハンドル位置や
左右の最大切れ角にも差が出ます純正で調整式なので調整で大丈夫でした。
変更前の写真撮り忘れましたが2インチで全然イメージ違います。
201505203.jpg 201505204.jpg

201505202.jpg 201505201.jpg

シエンタ エンジンチェックランプ EGR 

4月も半ばですがお陰様で毎日忙しい日を過ごしています。
シエンタ エンジンチェックランプ 点灯するという事で入庫
他で一度見てもらってるようでコード0401 EGRコントロールバルブ取替で
部品だけで20000円位すると言われたそうです。
こちらで再度点検すると0401 EGRシステム流量不足が表示されます。
前に見てもらってる所で消去したかどうかは分かりませんが出てます。
再現させようと結構走りましたがランプつきません。
取り合えず外しました!
排気ガス通路がカーボン堆積で埋まってます(^_^;)
クリーナーとエアーで清掃しコントロールバルブ側も堆積してるので
取り合えず清掃して組付け様子見です。
2704171.jpg 2704172.jpg

SW20 MR2 タイミングベルト交換 

SW20 MR2のタイミングベルト交換です。
古い車で少なくなってきたので余り修理する事も無いと思いますが
ミッドシップと言う事でエンジンが後ろ側にあり整備しにくく大変です。
昔ノンターボ車でタイミングベルト交換した事がありますが今回はターボ車
思った通りかなりの強敵でした(^_^;)
インタークーラーが邪魔で外すのにも一苦労
201411261.jpg 201411262.jpg

クランクプーリーもエンジンかなり下げないと隙間が無く外れません。
エンジンマウントのステーがまた外れず知恵の輪のような感じで
かなり工夫して考えながら外さないと外れません
ウォーターポンプもちょと面倒かな?
201411265.jpg 201411266.jpg

鏡を使ったり見えない部分はほとんど手探りでの作業です。
外すだけで1日もんでした。
点検しようとプラグコード抜いたらプラグがオイル風呂に浸かってました!
カムシールとクランクシールも漏れてるので交換
201411264.jpg 201411263.jpg 201411268.jpg

この車安く中古車新規登録してもらってるようですが正直全く整備されてませんね。
Vリブベルトも裂けて切れる寸前でした。

部品も注文中で作業の続きはまた後日です。
普通なら組むだけなんで楽勝ですがエンジンマウントステー等
知恵の輪のように外した部品を組み付けるのも苦労しそうです。
エンジン下ろした方が楽だったかも知れませんね。