S210 ハイゼット オーバーヒート 

S210ハイゼット オーバーヒート
高速道路走行中に水温計が上がりエンジンストール

確認すると樹脂製の三股パイプが根元でポッキリ
新しい部品を取り寄せるとやっぱり金属製の対策品に変わってました。
部品を交換し水を入れてしばらくエアー抜きながら確認しましたが
いつまで経ってもボコボコと吹き返しがあり水もカフェラテのように泡泡
残念ながらヘッドガスケットが抜けてるようなので面研 ガスケット交換になりそうです。

三股の部品自体は安い物ですがこうなると修理代が高くつきます。
正直部品の材質自体に問題があり欠陥のようなもんですが
数年で劣化破損する訳でも無いのでリコールにもなってないようですが
多発してるでしょうね。

201306081.jpg 201306082.jpg 201306083.jpg
スポンサーサイト

ダイハツ車持病? 

お客さんからL700ミラジーノの注文を頂き
予算内で条件に合う車をオークションで仕入れ点検しました。

エンジンを始動してしばらくは問題無かったのですが
ハンド付近から走行中段差等でカタガタ音がして
走行後エンジンからカタカタ音が・・・

ダイハツのこの年代の車はほとんどダメですね。
走行が多いならまだ割り切れますがこの車は走行33000kmです。
ハンドル付近の音はステアリングシャフト
エンジンカタカタ音は、VVTカム駆動ギヤの歯打ち音です。
以前マツダに居た頃K型V6エンジンで歯打ち音がする不具合が
ありましたが音はカタカタとまだ静かな音なんですが
ダイハツのこの不具合音はちょっとひど過ぎですね。

シャフトはリビルト品に交換しエンジンは、VVTの交換です。
この車は、大丈夫でしたがP/Wスイッチも良く壊れます。
201003271.jpg 201003272.jpg