青Sスペ 

何年も前から少しづつ作業していた青Sスペシャルロードスター

エンジンが載ってから1年以上手つかずの状態でしたが
昨日フリーダムのデーターをいろいろ書き換えて
何とか普通にアイドルし走行 加速できる状態にしました。

やる気あるのかっ!て思われそうですが
やはり仕事の事で作業や頭が一杯でなかなかやる気分が出ないんですね。
取りあえず動かせる状態にするのが目的だったのでA/F計も装着なしで
走行体感でMAPは手打ちです。
残念ながら空燃比連動機能無しの為実際にセッティングする時も苦労しそうです。
スロットル制御や純正センサーで学習させて後から全域持ち上げる方法もありますが
私は実際にA/F計を見て体感で大まかに手打ちしMAPの形を作ります。

点火時期も少しだけ変更しましたが実際にセッティングする時には大幅に変更する予定です。
以前にピストン溶かした事がありますが空燃比に対する点火時期は難しいです。

最初何回か5000rpm付近で点火カットされる症状が出てその後全く症状が出なくなり
いろいろ原因を調べていますがはっきりした原因は不明です・・・
カットされた感じは完全に点火カット(両コイル)タコも一瞬OFFされた感じなので
クランク角センサー等が考えられますがギャップも問題なくはっきりわかりません。
また再発するようなら一度新品に交換してみる予定です。

純正ハーネス加工でBP-VEを積んだので配線も怪しいですが
クラセン~ECU ECU~コイルまではNBハーネス加工無しなので大丈夫だと思います。
201211021.jpg 201211022.jpg
スポンサーサイト

BP-VE 

長い間預かってるいるNA8C 部品納期の関係もありやっと作業
今回はマルハモータースさんのフリーダム&ハーネスを使うので
以前のようにダッシュを外してハーネス加工等の必要はありません。
注文した部品先週土曜日にやっと揃いました。
4月1週目に入荷と言う事でしたが先週確認したらもうイタリアからは出荷してるって・・・
他にも多数オーダしましたがECUの取説が入ってない
他のフリーダムの説明書は持っていますがNA8のVVT用と言う事でやはり必要な為送って頂きました。
その後作業進めるとキット内のシリコンホースも入ってない・・・
面倒なので手持ちのシリコンホースを使用
(キットの付属品記載されてないので全てそろってるかわかりませんでした)
高額な仕入れなので正直もう少し気を使って欲しいですね。
でもこの中継ハーネス&フリーダムを使っての作業は便利です。
点火時期等ももう少し変更するとかなり良くなりそうですが
変更なしで調子良く問題無いので安全性を考えてもそのままで十分です。
201204252.jpg 201204251.jpg

フリーダムECU 

ブルーロードスターです。
エンジンも掛かるようになり後は登録して
まともに走れるようにセッティングするだけなのですがなかなか進んでいません。
現在ノーマルPCMで動くようになっていますが
中古で購入したフリーダムの確認の為マップセンサーを取り付け配線してみました。
現在パラメーターにプログラムされているデーターは全く不明ですが
エンジンは問題なくかかりました。

パソコンを繋いで色々と内容をみてみましたが
ほとんどの部分で初期設定から変更されてるようで
バルブタイミングマップは全く変な設定でした。
(恐らくこのデーターで使ってないと思います)

時間がある時に初期データからいろいろと変更して行く予定ですが
可変バルタイのバルブタイミングマップが難しそうです。
可変量は最大で43°です。
高負荷の高回転以外域ではトルクを出す為バルブが閉まるタイミングを早くして
高負荷の高回転では充填効率を上げる為に逆に閉まるタイミングを遅くします。
中負荷領域ではどれ位変化するか
わからないのでどのように設定するか未定です。
ノーマルの場合はポンプロスを少なくする為と
排ガス等の関係でオーバラップを大きくしています。
バルタイマップで特性が大きく違いそうです。
resize0147.jpg
初期データーバルブタイミングマップ

部品取りロードスター?その後トラブル 

注文した部品もまだ全て揃わず作業が進まないのですが
エンジン始動等問題ないか確認だけでもと思い
バッテリーを接続しキーONにした所
メーターワーニングランプが点灯しませんでした。
調べるとメーターヒューズが切れていたので
新しいフューズに交換し再度キーONにするとやはり切れました。
どうやらショートしているようです。

ショートの場合は結構厄介で調べるには
フューズの代わりに電球を接続し電球を点灯させた状態で
関連するコネクターを順番に外していき電球の消えるコネクターを探します。
オマケにハーネスを切断加工し作り直しているので尚更厄介です・・・
調べるとX-19コネクターを外すと消灯
X-04コネクター(フューズボックス)からX-19コネクター間でショートしてるようです。
配線色は黒黄色線だったので思い当たる事がありました。アース線です。
集中アースコネクターや配線を作り直す為に要らない線を取り除いたり
NAハーネスとNBハーネスのアース線を接続したりとかなりの加工をしているので
自分の完全なミスですが黒線や黒青線 黒薄緑線等と間違えて接続した可能性が高いです。
X-04からX-19まではダッシュを外さないとハーネスを点検する事ができないので
今回は元の線を切断し新しい線を引き直す事にしました。
切断した元の線はコネクターを通らず線自体が分岐して
バックランプスイッチ フラッシャースイッチ O2センサー等にも接続されてるので
これらへも新しい配線を引き直し無事解決しました。

やっとキーON正常になったので取り合えずエンジン始動
問題なくかかりましたがまた一つ問題が・・・・
エンジンよりクオーと変な音がします。
ダイナモやコンプレッサー付近から聞こえて
CRCのような物を吹きかけると音が止まります
ダイナモとA/Cのベルトを外しエンジンをかけてみましたが同じで
クランクプーリ付近にCRCを吹きかけると音が止まります。
クランクプーリーを外しみましたが特別異常ありませんでしたが
オイルパン組み付け時にシールを少し多く塗布し過ぎた為
はみ出して固まったシールがプーリー取付け用
プレートに接触したような後はありました。
こんな物でクオーと大きな音がでるように思えませんでしたが
これ位しか考えられる物が無いのではみ出て固まったシールを
カッターで切り取り再度組みつけてエンジンを始動した所音は消えました。
結果としては直ったので良かったのですが
まさか液体ガスケットの塊とプーリー固定プレートがすれて
あのような大きな音が出るとは思ってもいませんでした。

これで何とか一段落しそうです。

部品取りロードスター? 

ゴールデンウィークは4/29~5/5まで休んでましたがあっと言う間に終わってしまいました。
休み中は近くをウロウロして特別何処にも行きませんでしたが良い休養になりました。

4/30と5/2は当店の前に1年以上放置していたブルーロードスターの作業を頑張りました。
いろいろ取り外した状態で放置していたので
お客さんからはこのロードスター部品取り?解体?といろいろ言われましたが
このようにもう少し動かせるような状態になりましたよ。
急遽作業し始めたので足りない部品が沢山あり本日注文しました。
もう少しで形になりそうです。
201105061.jpg 201105062.jpg 201105063.jpg