ビート 

12月に入り今年も残り1ヵ月と月日が経つのが本当に早く感じます。
相変わらず毎日何かと忙しくなかなか更新できてません。
11月29日は私の44回目の誕生日でしたが今からでもプレゼントを受け付けますよ。

11月は修理、販売、板金といろいろ入庫件数が多く毎日頭の中がゴチャゴチャになってます。
先日ビートですが走行中にストールしてエンジンが
掛からなくなったという事で入庫して頂きました。
夜間走行中メーター証明が消えて前を見るとライトも点いてないようだったので
スイッチを操作するとエンジンがストールし再始動不能と言う事でした。
預かった時にはバッテリーが上がった状態でリードするとエンジン始動OK
止まった時にエンジンを掛ける為にクランキングを長時間した可能性がある為
お客さんに確認しましたが止まった時に既にこの状態だったそうです。

考えられるとしたら走行中にオルタネーター(ダイナモ)不良になり充電されず
バッテリーの容量を使い切ってエンジンストールしたと思われます。
充電電流をバッテリー部で測定すると電気負荷を全て加えてもプラスで
バッテリーへ充電電流が流れていました。
ダイナモ本体の出力を見る為エアクリーナBOX等を外して
B端子に電流計を繋いで測定しましたが35A位出力しているのでこの時点では正常としか判断できません。
201112031.jpg 201112032.jpg
バッテリー本体L端子コネクター等配線も全て点検しましたが
特に不具合が無くはっきりした原因が特定できませんでした。

どう考えても充電系の不具合しか考えられないので
バッテリーを新品オルタネーターをリビルト品に交換して様子を見てもらいます。
ICレギュレータ不良では無くステーター系の不具合と思われます。
私はダイナモまでオーバーホールしない為外した部品はそのまま返却ですが
分解して調べれば原因がはっきりわかったかも知れませんね。

スポンサーサイト

ビート ラジエター交換 

ビートですが先月雑誌掲載に間に合わなかった為
ネットのみ掲載していますが思った以上に問い合わせが多く
ビートの人気を改めて認識しました。

私自身もこの手の車が好きなので結構直したりパーツを取り付けたりして
普段もたまに乗ってるので車の調子も良く把握していますので
本当にお買い得の1台だと思います。
売れるまでは楽しみたいと思います。

今回は、ラジエター(中古)交換です。
別に漏れてるわけではありませんが
冷却フィンがサビでボロボロになり剥がれて来る為です。
交換もボルトがサビで折れて結構大変でした。

最初は説明してそのまま販売する予定でしたが
自分が乗る事を考えると結局修理すると思うので
購入して頂く方の事を考えて交換してしまいました。
後から交換すると結構費用も掛かりますからね。

普段はスペアタイヤケースで見えませんが
取外すとこのような状態になってました。
最初は塗装して塗料を接着剤代わりにしていたので
ぱっと見は綺麗ですが塗装前はサビで見栄えも悪かったです。
200810171.jpg 200810172.jpg

200810173.jpg 200810174.jpg
交換後
ついでにフロント泥除けが無かったので中古を購入し
シルバーに塗装して取り付けました。
こんな小さな部品ですが見た印象が結構変ります。
リヤもついでに塗ってしまいました。
リヤ泥除け取り付けネジはサビで回らない為マスキングして塗装しました。
200810175.jpg 200810176.jpg

ビート エアーファンネル取り付け 

しばらくビートねたが続きます。またまたビートにパーツ追加です。
今回は3連スロットル吸入口にファンネルを取り付けました。
キャブ車に乗った方ならファンネルの役割&効果が大きい事
分かると思いますがビート用にもファンネルが出ています。

有名メーカー品から個人の方のノーブランド品等いろいろ出ていました。
本当はアルミ製のカールタイプが欲しかったんですが
残念ながら該当する商品はありませんでした。
カールタイプでステンレスかアルミで通常タイプです。
カールの方が巻き込むように周りから吸い込むので効率が良いのですが
今回は価格とファンネルの広がり口径の大きさ
アルミ材質と言う事で通常タイプの物を選びました。
ファンネルの長さも3種類用意されており
低中回転域の向上を期待してミドルタイプを選択
取り付けは叩き込むだけです。
200809162.jpg 200809163.jpg

早速試運転しましたが効果は大きく
3000rpmからのフィーリングは格段良くなりました。
価格は¥3980でコストパフォーマンスは大きいです。

ビート エアコン修理 

ビートねたが続きますが今回はエアコン修理です。

以前点検時低圧が負圧になる為詰まっている事を確認済みなので
予めエキパンとレシーバーを注文しておきました。
ロードスターと同じメーカー製ですが価格は約2倍でした。
参考までにエキパン¥7900 レシーバー¥7800

室内ユニットを取外しエバポを清掃しエキパン交換
コンプレッサー側で配管を切り離して
各パイプやコンデンサーをエアーブロー清掃し組付けて
真空引きを長めに行いガスを充填します。
配管等を清掃した為コンプレッサーオイルも補充します。
200809173.jpg 200809174.jpg 200809175.jpg
ビートは旧ガス(R12)でガスは高額なので代替えガスを使いました。
Oリングやオイルを交換して新ガス用に変換するキットも出てるようです。
今回初めてCOLD12と言うガスを使ってみました。
比重が軽く従来のガス缶と比較すると空かと思うほどの重さです。
価格はR12の1/3位 R134の3倍位が相場のようです。
200809171.jpg 200809172.jpg
ガス充填後A/Cの冷え具合を確認しましたが全く問題なく良く冷えます。
これでビートも暑い日でも快適に乗れて商品車としての不具合も減りました。
ビートはもう少しだけおもちゃとして手を掛ける予定です。

ビート エアーダクト 

ビートのサイドエアーダクトを塗装しました。
人と少しでも違う物が好きなのでダクトをボディー同色から
ブラックに塗り替えました。

最初はツヤありにしましたが妙に光って目立つのでつや消しブラックに変更
好き嫌いはあると思いますが私は黒の方がカッコイイと思います。
後せっかく履いたTE37もナットが錆びて見栄え悪いので
アルミ軽量ナット17mmヘッドのロングタイプブルーに換えました。
ナット交換だけでも見た目が全然違いますね。
200809161.jpg